Illustrator CC 2015 入門

変形効果とシンボルを使ってみる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンではポストカードを作成します。変形効果を使って葉っぱのイラストを作り、シンボルスプレーを使ってあしらいます。
講師:
03:02

字幕

このレッスンではポストカードを作成します 変形効果を使って葉っぱのイラストを作り シンボルスプレーを使ってあしらってみます ファイルを開きます 「ファイル」>「開く」> 「 postcard_05 」を開いて下さい ここに葉っぱのイラストを作っていきます 少し拡大しておきます 「ズームツール」でこの辺りを これ位ですね ちょっと位置を戻します 「長方形ツール」でこれ位の正方形を描きます Shift キーを押しながら描くと 正方形が描けます 色を「塗り」を緑にします 線はなしです これに効果をかけていきます 「効果」>「パスの変形」>「パンク・膨張」 ここにあります 「プレビュー」を押します プレビューした状態で スライダーを右側に移動します これ位 もう少し  90%位ですかね OK するとクローバーの葉の形になりました これをシンボルに登録します シンボルパネルはここにあります シンボルパネルに登録します ドラッグするとダイアログが出るので ここに「 clover 」です 登録されました では1度大きさを戻します 「表示」>「アートボードを全体を表示」で 戻しました シンボルスプレーを使って シンボルに登録したこのクローバーの 葉のイラストをあしらって行こうと思います 「シンボルスプレー」はここにあります シンボルスプレーを選びます クリックします もう1回 あと この辺にも クリック クリック クリック そうするとクリックするだけで シンボルに登録したイラストが増えてきます これ位でいいですかね 位置を少し直したいと思います シンボルスプレーのここ 「シンボルシフト」を選びます これをもう少し下に下げたいので ここを下にドラッグします するとシンボルの位置を 調整することができます こんな感じでどうでしょうか このレッスンでは変形効果を使って 葉っぱのイラストを作り それをシンボルに登録してシンボルスプレーで あしらうという機能を解説しました

Illustrator CC 2015 入門

Illustrator CC 2015はデザインやイラスト制作、図版制作やインフォグラフィックなどさまざまな分野で使われているベクターグラフィックソフトです。このコースではIllustratorのもっとも基本的な機能である図形ツールや描画ツールについて、また文字入力の方法や簡単なイラストの作成方法などについても初心者でもわかるように解説します。

2時間58分 (40 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2015年08月18日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。