Auditionで「ビデオの音をキレイにする」

アラームの除去は?

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
以前のチャプターで行ったアラームの除去に「サウンドの除去」を使った場合の結果を検証します。
講師:
04:34

字幕

さあそれではおまけとして (ビデオ再生音声) (途中ピピッというアラーム音) 以前のチャプターで行った アラームが混入してしまったパターンですね (再生音声 途中アラーム音) こういったパターンは どうなのかということですね サウンドモデル分析とサウンド除去で どれ位いけるのかこれも検証してみましょう ではこちらですけれども ステレオファイルなのでセオリーに従って 「モノラル」に変換します そして改めて見ると この部分に分かりやすく アラームのパターンが入っていますね (再生音声 途中アラーム音) ここに入っています 秒針を除去したときには 単体で他のところに 秒針だけの音がありましたので サウンドモデルを 簡単に取ることができましたが― こちらの場合にはもう一箇所しかないので 声と被っている場所しかありません そうした場合には なるべくこれを大きく拡大して 分かりやすく表示した上で この選択ツール 「長方形選択ツール」 または「なげなわ選択ツール」 どちらかやりやすい方ですね 形を作りやすい方で この鳴っている部分だけをなるべく選びます 今回 これはだいぶ 四角い感じで入っているので こちらの「長方形選択ツール」で やってみましょう ではここの基音の部分と 倍音の部分も含めて 綺麗に入るように― こんな感じで選択します 聴いてみると (再生音 途中ピピッ) (再生音 途中ピピッ) (再生音 途中ピピッ) ピピッという音に加え ちょっとやはり 後ろに入っている声も入ってしまいますが どうしようもないので こういうときにはここだけ選びます さあこの状態で― 「エフェクト」の 「ノイズリダクション / リストア」から 「サウンドモデル分析」を実行して さらに「サウンド除去」の 「デフォルト」設定で はい 聴いてみましょう (再生音声 アラーム音無し) 結構上手くいきましたね もう一回聴いて見ると (再生音声 アラーム音無し) (再生音声 アラーム音無し) (再生音声 アラーム音無し) 抜き取りはかなり上手くいきました ただやはり結構声に影響してしまいます (再生音声) もちろんノイズだけ 単体で測ることができないので 声の部分もサウンドまで モデルとして入ってしまうので 多少なりともその部分が抜き去られてしまう という弊害は出てきます (再生音声) ただ作業時間としては こちらの方が早いですね このアラームのパターンだと 以前のチャプターで行ったように 丁寧に選択範囲を作って修復していった方が 仕上がりは良くなりますが サウンドモデル分析は 一括して選んで実行するだけですので かなり作業時間は比べ物にならない位 こちらの方が早くなります ですのでどうしても綺麗に仕上げたいとき しかも選択範囲を作りやすいような形を しているときには 丁寧に選択してあげて作業した方が どちらかと言えば綺麗になります 時間が無かったり どうしても選択範囲もなかなか 作りにくいという形でしたら サウンドモデル分析と サウンド除去の組み合わせも かなり有効に使えます こちらの clock の方はもうかなり 広範囲にわたってしまって このチャプターの最初の方で検証したように 埋め合わせの方法は なかなか使えなかったので サウンドモデル分析と サウンド除去が有効になってきます このように様々な ノイズ除去の方法はありますが それぞれの利点を生かして そのソースに一番合ったものを選ぶ というのが大切になってきます 今回 色々なノイズ除去の手法が 出てきましたが それをケースバイケースで使い分けて ノイズの除去に活用して欲しいと思います

Auditionで「ビデオの音をキレイにする」

ビデオカメラで録画したビデオの音声やICレコーダーで録音した音声にさまざまなノイズが入ってしまった経験は誰にでもあると思います。それらの多くはAuditionの機能を使うと綺麗に修復できるものです。このコースではそのようないろいろな種類のノイズ除去のテクニックを解説します。

2時間46分 (30 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年05月16日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。