Lightroom CC/6 基本講座

読み込みのオプション設定と条件の保存

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
スマートプレビュー、キーワード、メタデータの適用など、読み込む際の便利なオプションや、読み込みプリセットの保存と利用の方法について解説をします。
講師:
06:57

字幕

このレッスンでは 写真の読み込みの時に設定しておくと 便利な項目についてや 頻繁に使用する読み込みの設定を プリセットに保存をしておいて 読み込みの効率をアップさせる為の方法 を解説します ここには写真を記録した メモリーカードを パソコンのメモリーカードスロットに挿入して 写真の読み込みウィンドウを開いた状態です パソコンに読み込むと同時に 読み込みの方法 ファイル命名の方法など 複数のオプションを設定して ライトルームに読み込みます 更にこの設定を プリセットに保存をして 次回以降も 同じ設定で 簡単に読み込めるようにします 中央の上の部分で保存方法を選びます ここでは「DNG形式でコピー」 を選んでみましょう これは多種多様なRAW形式の画像ファイルを 標準のRAW形式である DNG形式に変換をして保存する方法です 写真の読み込みウィンドウの左側の ソースパネルの「デバイス」では メモリーカードの名前を選択しています プレビュー領域では ここでは「すべての写真」 にチェックを入れておきます 次に右側のオプションでは ファイル管理パネルの 「プレビューを生成」 ここは プレビューとして参照する画像の種類 もしくはサイズを選択します ここでは「最小」のサイズを選んでいます 「スマートプレビューを生成」では チェックを入れると 読み込んだ画像の保存場所と パソコンが接続できない場合でも プレビュー及び現像も可能になりますが 生成されるまでに時間がかかります スマートプレビューは 読み込んだ後でも 生成することができるので ここではチェックを外しています 読み込みと同時に ファイル名を変更したい場合は ファイル名の変更パネルの 「ファイル名を変更」にチェックを入れて テンプレートから ファイル名の定義付けを選びます またここでは拡張子の 小文字・大文字も設定することができます ここではテンプレートで「編集」を選んで カスタムテキストと ファイル名を定義付けていきます 一旦全ての定義を デリートキーで削除をして 「カスタムテキスト」の「挿入」をクリックします カスタムテキストの部分に ここではDNGと入力します 画像名の「ファイル名の挿入」をクリックして プリセットの「カスタム名」の所をクリックして 「現在の設定を新規プリセットとして保存」 を選びます 「プリセット名」に ここではDNG ハイフン ファイル名と入力します 「作成」をクリックして 「完了」をクリックします テンプレートに DNGファイル名 というプリセットが追加されました 次に 「読み込み時に適用」では 「現像設定」をここでいろいろ選んだり 「キーワード」を一括して 付けることができます ここでは「キーワード」に DNGと入力します 最後に「保存先」を設定します 「サブフォルダーへ」にチェックを入れて サブフォルダ名をDNGと入力します 種類は日付別 日付形式は 撮影日の年月日の並びを選択しています これらがフォルダ名になります 大元の保存先の ドライブやフォルダを開き ここでは「ピクチャ」を選択します これで設定ができました 通常はここで「読み込み」をクリックしますが ここでは今後もこの設定を使うことを想定して プリセットに保存をしておきましょう 読み込みウィンドウの下にある 「プリセット」の部分をクリックします 現在の設定を 「新規プリセットとして保存」を選びます プリセット名をここでは「DNGでコピー」 と入力して 「作成」をクリックします プリセットに追加されました 次回の読み込み時は ここでプリセットを選ぶだけで 同じ設定になります 後は「読み込み」ボタンをクリックして 読み込みを行います DNG形式に変換された内容のダイアログが 表示されますので 「OK」をクリックして閉じます この画像が どこにどのように保存されているのかを 見て行きましょう サムネールを右クリックして Macは「Finderで表示」 Windowsは 「エクスプローラーで表示」を選びます 画像が保存されたフォルダが開きます この様に 指定したフォルダに DNG形式で 保存されていることが確認できました 以上写真の読み込みの細かい設定や 頻繁に使用する読み込みの設定を プリセットに保存する方法について 解説をしました 読み込みの効率をアップするためにも プリセットを活用しましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。