Lightroom CC/6 基本講座

ライブラリのグリッドとルーペ表示

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
ライブラリモジュールの画像表示領域は、2つの表示方法を頻繁に切り替えます。小さいサムネールでより多くの写真を表示するグリッド表示と、1枚を大きく表示するルーペ表示について解説をします。
講師:
05:02

字幕

このレッスンでは ライブラリモジュールで 写真を閲覧する際に多く利用される 2つの表示方法について解説をします ライブラリモジュールの画像表示領域は 小さいサムネールでより多くの写真を 表示するグリッド表示と 1枚の写真を大きく表示するルーペ表示の 2つの方法を 頻繁に切り替えて作業を進めます 切り替えは基本的にサムネールを ダブルクリックするか ツールバーで行います 左側がグリッド表示で その右がルーペ表示です ボタンをクリックして 切り替えてもいいのですが ショートカットキーを覚えておくと便利です グリッド表示は g キーを ルーペ表示は e キーを押します グリッド表示はより多くの写真を 表示するのに適しています さらに多くの写真を表示させたい時には tab キーを押すと左右のパネルが閉じて 画像表示領域が広がります もう一度押すと元の表示に戻ります サムネールのスライダーを右にドラックすると サムネールをより大きく表示できますが 表示できる数が減ります グリッド表示をカスタマイズするには 表示メニューから表示オプションを選びます グリッド表示で セル つまりこのサムネールの1こまを 簡易的にコンパクトに表示するか または より多くの機能を 拡張表示するのかどうかを選択したり セルにカラーラベルを適応した際に 色の表示をしたり セルにカーソルを重ねた時に フラグやクイックコレクションのマーカー 回転ボタンやレーティングなどが 表示されるかどうかの設定や 拡張セルでの表示内容を 細かく設定することができます 次に1枚の写真をじっくり閲覧したい時には ルーペ表示に切り替えます さらに大きく表示したい時には ナビゲーターパネルで切り替えます フルをクリックすると 画像表示領域に 幅または高さの 全体が表示されます 1:1 では等倍に表示されます 一番右のボタンをクリックすると 表示される一覧で表示倍率を選択します 上の方ほど縮小倍率が高く 下の方ほど拡大します 拡大した場合に ナビゲーターパネルの プレビューで 白い四角形で囲まれた部分があります この部分が画像表示領域に 表示されている部分なので この四角形をドラックして 表示させる位置を調整します ルーペ表示では写真の情報オーバーレイを 切り替えることができます i キーを押すと 写真の左上にファイル名や メタデータ情報が表示されるので すぐに確認ができます 表示する内容はライブラリの 表示オプションで ルーペ表示の情報1 情報2に それぞれ3項目ずつ 表示する内容を設定します i キーを押すごとに 表示1 表示2 非表示 の順に切り替わります さらに矢印キーで 前後の写真に切り替えられます 以上 ライブラリモジュールのグリッド表示と ルーペ表示の特徴と オプション設定について解説をしました 操作しやすいようにカスタマイズすると同時に 表示切り替えのショートカットキーも 活用しましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。