Lightroom CC/6 基本講座

写真の記録時間の変更

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
時差が生じてしまった写真の撮影時間や、カメラの設定時間がずれてしまった場合など、メタデータの撮影時間を変更する方法です。複数の写真をまとめて変更することもできます。
講師:
03:15

字幕

このレッスンでは 撮影時間が実際の時刻と ずれてしまっている場合に 撮影時間を変更する方法について解説をします 複数の写真を まとめて変更することもできます デジタルカメラで設定した時刻が 少しづつ遅れたり進んでいたりして 実際の時刻とずれていることがあります このような写真はメタデータパネルで 撮影時間を変更することができます 時間を調整したい写真を選択して メタデータパネルで初期設定を選びます 撮影日時の「撮影日時を編集」をクリックします ここで正しい日時に修正します 調整のタイプで 指定した日付と時刻に調整 これは選択している写真の 元の日時を確認しながら 修正日時を調整していきます 設定時間数シフト タイムゾーン調整は 主に海外で撮影した写真の 時差分を足したり引いたりして修正します 「ファイルの作成日に変更」 これはファイルを作成や変更した日時に 修正する際に選びます ここでは写真の記録時間を2分進ませる という修正をしたいので 「指定した日付と時刻に調整」を選んで 修正日時の分数のところを選択します 上向きの矢印を二回 クリックして 2分進んだことを確認して 変更をクリックします また複数の写真の時刻を一括して 時差など時間をシフトさせて 修正するということもあるかと思います そのような時には 修正したい複数の写真を選んで 「撮影日時を編集」をクリックします 「設定時間数シフト タイムゾーン調整」を選んで 調整したい時間を選択します 例えば現地で撮影した時間を 日本時間に合わせて 一時間遅らせるというのであれば マイナス1を選択します 元の日時に対して 修正日時の時間が 一時間遅くなっていることを確認して 「すべてを変更」をクリックします 以上 撮影時刻を変更する 方法について解説をしました 撮影日時の変更をすると 元の時刻に戻すには 再度 手作業が必要になるので 注意して行いましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。