Lightroom CC/6 基本講座

フラグ、レーティング、ラベルの付加

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
気に入った写真や、編集をしたい写真など、使用目的ににあわせて「フラグ」「レーティング」「ラベル」などの「マーク」をつけておくと、後から探しやすくなります。
講師:
07:24

字幕

このレッスンでは気に入った写真や 編集したい写真など 使用目的に合わせて フラグやレーティング ラベルなどの色々なマークを 付ける方法を解説します ひと手間かけるだけで後から 目的の写真を探しやすくなります 最も手軽にマークを付ける方法がフラグです グリッド表示では サムネールの左上にポインタを重ねると 旗の形のアイコンが浮かび上がります もしこのように浮かび上がらない場合は 表示メニューから 表示オプションを開いて グリッド表示の セルアイコンのところにある フラグにチェックを入れておきましょう 他にもサムネールバッジや クイックコレクションマーカー また回転ボタンや 下部ラベルにレ-ティングと ラベルを設定しておくと便利です またフッターにレーティングを表示のところの カラーラベルを含めるにも チェックを入れておきましょう オプションを閉じます さて 吹きあがった旗のアイコンを クリックすると フラグつまり白い旗の印が付きます ちょっと気になった写真に直感的に クリック1つで付けられるマークです もう一度旗をクリックすると 解除することができます フラグ付きとフラグの解除を 切り替えるショートカットキーで q キーを覚えておくと便利です ルーペ表示では ツールバーのところにフラグがあります クリックして適応したり もう一度クリックして解除します また他のモジュールでも ショートカットキーの q キーで 選択している写真にフラグを付けられます フラグの立て方は3種類あります フラグの部分を右クリックすると 通常はフラグなしになっています またフラグをクリックした時の フラグ付きともう1つは除外があります 除外を選ぶと 黒い旗にバツ印のついた マークになります これは除外に指定です 除外というのは写真を削除するものではなくて 一覧から除外する候補として 印を付けるという意味です 除外フラグを付けると グリッド表示やフィルムストリップでは 他のサムネールをクリックした時に 半透明なグレーで覆われます 除外のショートカットキーは x キーです q キーを2回押すか または除外フラグをクリックして解除します 次に便利なマークを付ける方法が 写真を星の数で評価するレーティングです グリッド表示ではサムネールの下に 5つの点があります このいずれかをクリックして 星の数を決めます ルーペ表示ではツールバーにあります 初期設定では星が0個ですが 評価に応じてクリックして 1から5個までの星を表示させます 星の数は自由に変更できますし 右端の星をクリックすると 評価を0に戻すことができます まあまあ気に入っている写真には星3つ 最高に気に入っている写真には星5つ というふうに使い分けます さらに写真を目的別に色でマークする カラーラベルがあります グリッド表示ではサムネールに マウスカーソルを重ねた時に 右下に表示される 小さい 四角形の部分をクリックして 初期設定では レッド イエロー グリーン ブルー パープルの5つから いずれかを選びます するとサムネールのまわりが 指定した色で囲まれます ツールバーの右端をクリックして カラーラベルを選ぶと このように5色のパレットが表示されます ここで写真を選択して 好きな色のラベルを適応することができます 現像する予定の写真はレッド 現像途中の写真をイエロー 現像完了の写真はグリーン といったように使い分けは自由です またこの項目名は初期設定では 色の名前になっていますが メタデータメニューの カラーラベルセットから 編集を選んで ここで色別に名前を変更することができます 現像予定 現像中 現像完了 というふうに変更したら プリセット名をクリックして 現在の設定を新規プリセットとして保存 を選んで プリセット名を変更します 作成をクリックすると プリセットに追加されています このようにプリセットに保存しておくと 現像工程を進めるごとに すぐにカラーを切り替えられるので便利です 以上 写真を目的別に簡単に付けられる マークの種類について解説をしました フラグやレーティング カラーラベルなど うまく使いこなして 選別の効率をアップさせましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。