Lightroom CC/6 基本講座

メタデータパネルの概要と同期

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真の画像とともに記録されたメタデータをパネルで確認してみましょう。さまざまな表示モードに切り替えたり、「著作権情報法」などあとから編集できる項目もあります。
講師:
08:02

字幕

このレッスンでは "メタデータ" パネルの 活用方法について解説をします 写真のメタデータには画像と共に 様々な情報が記録されています これを "ライブラリ" モジュールの "メタデータ" パネルで確認してみましょう 情報を見るだけでなく ファイル名や著作権情報など 後から変更したり書き加えたり 同じ情報を持つ写真に絞りこんだり 様々な操作ができます "メタデータ" パネルは 通常 "初期設定" の項目が 表示されています "メタデータ" の表示モードは 12種類から選べます "初期設定" では "ファイル名" "フォルダー" といった基本的な情報を確認できます "ファイル名" をクリックして 変更したり "ファイル名" の右側にある アイコンをクリックすると "ファイル名" の定義を変更できるので 複数の写真を選択して 一括して変更したい時に便利です 写真が保存されている場所の フォルダー名を確認して 右側のアイコンをクリックすると 読み込まれたフォルダーの写真が開きます "タイトル" や "説明" は 必要に応じて入力できるので スライドショーやWeb Bookなどでは 予めここに入力しておいた文章や コメント タイトルなどを利用できます 更に下の方にいくと "レーティング" も自由に変更できます "ラベル" の種類も確認ができます "撮影日時" は 右側のアイコンをクリックして 写真の撮影時刻を変更します 複数の時差のある写真の 撮影時間の修正にも利用します 写真の幅と高さのピクセル数 "露光量" "レンズ焦点距離" "ISOスピードレート" カメラのメーカー名や機種名といった 撮影時の記録や GPS測定機能付きのカメラでの撮影位置も 確認や変更も可能です "Exif" に切り替えると 撮影時の細かい設定値を確認したり "IPTC Extension" では 被写体の情報を 細かく記録しておくことができます この様に目的に合わせて メタデータの表示内容を切り替えて 時にはメタデータの編集も行います "初期設定" に戻して 例えば1枚の写真をアクティブな状態にして "作者名" の所に名前を入力します ここでは自分の名前を入力します これでこの写真には メタデータに "作者名" の情報が記録されました この "作者名" を 他の写真にも適用したい時は メタデータを変更した写真と Macでは "command" キーを Windowsでは "ctrl" キーを押しながら 同期させたい複数の写真を クリックして選択します "メタデータを同期" をクリックすると 開く画面で "IPTC作者名" の "作者名" に 入力した名前が表示されています この欄の右側の チェックボックスをクリックして オンにして "同期" をクリックします すると後から選択した写真にも 同じ作者名の情報が付加されています 更に "著作権情報" など 頻繁にメタデータ情報を同期したい場合には "プリセット" を利用します ここでは "メタデータ" パネルを使って 複数の写真にいっきに 著作権情報を追加する方法を解説します 写真一枚を選択して "著作権情報'" の所 のテキストボックスに著作権名を入力します これでメタデータには 著作権名が記録されますが 他の写真に切り替えた時には 通常は又入力しなければなりません この手間を省くために 著作権情報を入力した写真を選択した状態で "プリセット" の右側をクリックします "プリセットの編集..." を選びます "IPTC 著作権情報" の欄には 入力した著作権名が表示されています 必要に応じて他の欄も設定しますが 設定した項目の 右側のチェックボックスにチェックを入れて "カスタム" と書かれた部分を クリックします "現在の設定を新規プリセットとして保存..." を選びます "プリセット名" にここでは "著作権情報" と入力して "作成" をクリックします "完了" をクリックします "プリセット" に追加されているので 確認しましょう 次に複数の写真に著作権情報を適用します 著作権情報を付けたい写真を複数選択して "プリセット" から先程の "著作権情報" を選択します "メタデータプリセット" を 選択した写真全てに適用するかどうか もしくはアクティブな写真のみに 適用するかどうか と問われますので ここでは "選択した画像" をクリックします これで選択した写真全てに 著作権情報が付加されました 以上 "メタデータ" パネルの内容と "メタデータ" を同期する方法 について解説をしました "メタデータ" を確認するだけではなく 後から編集できる情報もありますので 確認して活用しましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。