初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

パーティクルの位置と方向を設定

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
cc Particle worldを調整し、腕から光線が出ているような効果を作ります。
講師:
05:38

字幕

さあそれでは CC Particle World の微調整をして行きます ではまず Grid & Guides は使わないので これは閉じてしまいます ええこれですね 項目が多いので 使わない項目はその都度閉じて行くと 作業し易くなります はい では項目が非常に多いので 必要な箇所のみ  今回は変更して行きます まず一番上にある Birth Rate これはこのパーティクル粒子が出てくる どれぐらい生まれてくるかなんですが この数字を 今回は 4 にします はい増えましたね だいぶ景気よく出てくるようになりました そしたら次が Longevity これはこのパーティクルが生まれて消えて行くまで どれくらい時間がかかるかなんですが これを1.4 とします (クリック) はいそうするとこんな感じになりました ではちょっと前後しますが 先にこの Physics 物理的な動きを決める Physics の項目を開けます そして Animation の項目を Direction Axis というように設定します すると はい一気に出方が変わりましたね 今まで噴水のように放射して出ていたものが Direction Axis にすると ある一定の方向に出るようになりました これなんですが まあ選ぶものによって この出方が色々変わってきます 今回作るような 体からビームが出てるようなものを作るには この方向がきっちり決まる Direction Axis これが一番向いています それでは先に この光線がちょっともう反対方向を向いているので こっちへ向かせたいと思います はいこの Extra Angle というところの こっち角度の入力があるのですが ここをクリックして はいこのようにまあ数値入力でもいいですね パラメーターの調整は ドラッグしても数値入力でも どちらでも結構です はい ここに 150 と入れて下さい すると はい この人物と同じ方向を向きましたね さあそれでは ちょっとですね今 何かせっかく放った光線が下に落ちていってしまっているので ここを Gravity つまり重力が働いているので 落ちてしまっているので この Gravity を 0 にします すると しゃきっとまっすぐ前に飛ぶようになりました ではさらにちょっとですね 方向の微調整ということで この Extra という値を動かすと また方向が変わって行って この広がり方が変わってくるのですが これはですね 0.08 を今回は入れて下さい (クリック) はい こういったものはですね ある程度の形を作ってから微調整をしていっても構いません 今回はわかりやすいように ええ説明する通りに入れて行ってください さあそして次に Velocity というところなんですが これはこの光線が放出される勢いですね はいこれを今回は 1.55 としましょう はい すると後から動いている時に 飛び出している速さが変わってきます さあそれでは Physics はとりあえず終わって 次に Producer という所を開きます さあこれはですね  位置とか大きさとかを決めるようなところですね ではまず この光線の幅を決めてくる Radius という所ですね これを調整しましょう まず Radius X これを 0.01 にします そして Y 縦の幅ですね これ結構重要ですね これを 0.12 にすると はい 縦にわぁっと広がりました この手の幅と同じくらいなりましたね そしたらば Radius Z これを 0.03 とします はいこれにした上で Position 位置の調整でこの女性の手元の方に持って行きます ではまず Position X を 0.09 はい手の方に行きましたね では Position Y をマイナス 0.03 とすると はい いかがでしょう かなりこの手の所から光線が発生して ビーッと出している雰囲気になってきましたね じゃあこれをですね一回再生して見てみましょう では再生位置を先頭に持って行って はい そしたらば RAM プレビュー  このボタンを押します すると今レンダリングが行なわれていて これが終わると正式な長さで はい再生されています はいどうでしょう すでに何かもう素晴しい光線が出てますね はい非常に力強く光線が出ていますが ええこれを基本形としてさらに細かく 色々演出を加えて行って さらに強力な必殺技を作っていこうかなと思います

初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

このコースでは、After Effectsで写真やビデオを加工して、テレビや映画のヒーローが使う光線などの技を再現する手順を解説します。After Effectsがまったく初めての方でも最後まで完成できるようにゆっくりわかりやすく進めていきます。また昨今ネットで流行した、周囲にいる人が吹き飛んでいるような画像の簡単な作り方も紹介します。

2時間49分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。