Lightroom CC/6 基本講座

ヒストリーとスナップショットの活用

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
写真が読み込まれてから現在までの工程は、「ヒストリー」パネルに随時記録されています。途中経過をヒストリーからスナップショットパネルに保存をしておけば、ほかの操作を行った場合でも記録した時点の写真を表示できます。ヒストリーとスナップショットを活用しましょう。
講師:
03:29

字幕

このレッスンでは 写真が読み込まれてから 現在までの調整結果を記録している ヒストリーパネルと 任意のヒストリーを画像として保存する スナップショットの概要と 活用方法について解説をします 現像モジュールのヒストリーパネルには 写真に補正や効果を 加えるごとに記録されていきます 一番下が最も古い記録で クリックすると写真を Lightroomに 読み込んだ時点の 画像が表示されます 上にいくほど新しい履歴が重なり 途中経過も表示することができます ただしこの状態でなんらかの操作をすると それ以降の履歴は消えてしまいます 操作した直後であれば Macでは command + Z Windowsでは ctrl + Zキーで 元の状態に戻せます このようにヒストリーといえども 操作によっては新しい履歴が 消えてしまうことがあります そこで残しておきたい途中経過は スナップショットに 保存しておくことをお勧めします スナップショットは自動では保存できません 保存したいヒストリーを選択して 「スナップショットを作成」をクリックするか またはヒストリーを右クリックして 「スナップショットを作成」を選びます ダイアログにはヒストリー名の 表記がされています このまま「作成」をクリックしてもいいですが 任意の名前に変更することもできます スナップショットパネルで 同じヒストリー名が並んでしまう場合は 連番で入力するなど 工夫をするといいでしょう このように スナップショットに記録されていきます 不要なスナップショットは 選択をして 「選択したスナップショットを削除」を選びます またはスナップショットを右クリックして 「名前を変更」で 任意の名前に変更することもできます このようにスナップショットを作成しておくと この先さらに現像を進めていったとしても スナップショットの時点にいつでも 切り替えることができます 以上ヒストリーパネルと スナップショットパネルの 概要と活用方法について解説をしました この時点の画像は このしておきたいという時には ヒストリーからスナップショットを 作成して残しておきましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。