Lightroom CC/6 基本講座

補正前と補正後の比較

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
現像を進めていく段階で、補正前と補正後を比較することも大切な工程です。いろいろな比較の方法やショートカットを覚えて、さらに写真に磨きをかけましょう。
講師:
04:20

字幕

このレッスンでは現像モジュールの 補正前と補正後を比較しながら 調整を進めていく方法を解説します 現像の過程で 補正前と補正後を 比較するのは とても大切な行程です 目的によって 比較する方法を切り替えることで 焦性の変化の様子がよくわかります 補正前と補正後の 比較モードは4種類あります 補正前と補正後のビューを切り替え ボタンをクリックするごとに モードが切り替わります 補正前と補正後を左右に表示では 写真を横に並べて表示します 「補正前と補正後を左右に分割して表示」では 一枚の写真の枠の中で 縦に分割して比較をします 「補正前と補正後を上下に表示」では 写真を縦に並べて比較します 「補正前と補正後を上下に分割して表示」では 一枚の写真の枠の中で 横に分割して表示します もう一度ボタンをクリックすると 最初の比較モードに戻ります なんらかのそうさを加えていくと 補正後だけが変化していきます 補正前と補正後は単に初期状態と 編集結果の比較に止まりません 例えば補正後の状態から さらに調整を進めた結果と比較したい場合は 現在の補正後の効果を補正前に適用します ツールバーの左向きの矢印 ボタンをクリックすると 補正後の設定を補正前にコピーします どちらも同じ補正後の結果になっています ここからさらに調整を加えていきます この結果よりもやはり以前の 状態から調整を加えたいという時には 右向きの矢印ボタンをクリックして 補正前の効果を補正後に適用します もう一度初期状態からやり直したい というのであれば 初期化をクリックすると 補正後の写真が初期状態に戻ります 補正前の状態を補正後に適用させて 補正前を初期状態に戻したい時には 「補正前の設定と補正後の設定を入れ替え」 をクリックします 補正前が初期状態に戻りました また補正前と補正後のいずれかの 画面をクリックすると同時に 同じ倍率で拡大します ドラッグすると同じように 表示位置も移動します もう一度クリックすると元の表示倍率に戻り 表示倍率に戻ります 目的によっては左右または 上下に分割した上で 拡大表示をして 細かいところが 綺麗に修正されているかどうかを確認します 以上現像モジュールの 補正前と補正後を 比較しながら調整を進めていく方法を 解説しました ルーペ表示に戻した時も ¥マークキーを押すごとに 補正前と補正後を 切り替えられますので 拡大表示と合わせて 詳細を確認しながら 納得のいく作品に仕上げましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。