Lightroom CC/6 基本講座

明暗別色補正で写真に雰囲気のある着色をする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
白黒化した写真をセピア色や青みがかったモノクロ写真など、自由に着色することができるのが「明暗悦色補正」です。さらにカラー写真を着色することによって、経年変化によって色あせた写真も作れます。
講師:
03:47

字幕

このレッスンでは白黒化した写真に着色をして セピア調の写真を作ったり 色あせたカラー写真を作る方法を解説します 白黒写真にセピア色や 青味がかったモノクロ写真など 自由に着色することが出来るのが "明暗別色補正" パネルです 更にカラー写真を着色することによって 経年変化によって色あせた写真も作れます 始めに写真を白黒化します "基本補正" の "白黒" をクリックします 白黒化します 次に "明暗別色補正" パネルの "ハイライト" の右にある カラーボックスをクリックして パレットから黄土色の部分をクリックします または上の カラーピッカーから選ぶことも出来ます "H" は色相で "S" は "彩度" です 数値を入力して変更をすることも出来ます "x" ボタンをクリックして閉じます "シャドウ" も同じ様に カラーボックスをクリックして 少し黄色気味がかった 薄いグレーを選びます 閉じます "バランス" のスライダーで "シャドウ" と "ハイライト" の バランスをとります 右にドラッグすると "ハイライト" 側 左にドラッグすると "シャドウ" 側のカラーが強調されます ここでは "シャドウ" 側によせてみました この要領で好きな色の モノクローム作品が作れます さて着色出来るのは白黒写真だけではなく カラー写真にも着色出来ます 右クリックで "仮想コピーを作成" を選び 仮想コピーを作ります ここに調整を加えていきます "初期化" ボタンをクリックして カラーに戻します "ハイライト" の "色相" を 黄緑色の部分に重ねて "彩度" は "50" に設定します "シャドウ" はオレンジ色にして "彩度" を "50" に設定します "バランス" のスライダーで ここでは少しだけオレンジ側によせています さらに "基本補正" の "露光量" を少し高めて 「聞き取れない」さを演出して "シャドウ" を下げて さらに "コントラスト" を少し高めて 全体を引き締めます "明瞭度" を少し下げて "彩度" も下げることによって ソフトな印象に仕上げます 色あせたカラー写真が出来上がりました 以上白黒化した写真やカラー写真に着色をして 古めかしさを演出する 2種類の方法を解説しました

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。