Lightroom CC/6 基本講座

補正ブラシで領域を調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
補正ブラシを用いた自由な領域の修正作業を解説します。
講師:
06:17

字幕

このレッスンでは 補正ブラシツールを使いー 複雑な形に合わせて 効果をかける方法を解説します ここではこのように花の細部まで きれいに選択して鮮やかにしたりー 暗い部分にマスクをかけて 明るく仕上げます この写真は全体の色が淡く 花の色も地味な印象です また周辺光量不足による 写真の周りの黒い枠も現れています このような不規則な形や 複雑な形の気になる部分をー ドラッグして描くようにして マスクで覆いー 部分的に色や明るさの 効果を加えていくにはー 補正ブラシツールが適しています 補正ブラシツールを使うにはー 「現像」モジュールの 一番右側にある 肢のついたブラシをクリックします またはショートカットの K Key でー 切り替えることができます この写真の花の部分だけに まずはマスクをかけていきます Mac では Option Key をー Windows では Alt Key を押しながらー 初期化をクリックしてー 補正ブラシツールに何も効果が かかっていない状態にします 次にブラシの調整をします サイズのスライダーをドラッグして ブラシサイズを調整します ブラシの輪郭を ソフトにするぼかしはー 0〜50の間に設定をしておきます 流量と密度は100に設定してー 「自動マスク」のチェックは 外しておきます 「選択したマスクオーバーレイを 表示」にチェックを入れてー 花の内側からドラッグすると 赤く塗りつぶされていきます これはマスクの領域を作る というものなのでー 実際に着色している わけではありません 花の輪郭よりも少し大きめにー ざっくりと塗りつぶしていきます 次にこのようにはみ出して しまった部分を塗り消していきます 「消去」をクリックして ブラシのサイズを調整します ぼかしは0〜50の間に 設定をしてー 流量は100にします 「自動マスク」に チェックを入れます 花の輪郭の外側をドラッグしてー はみ出した部分を消していきます ブラシの中心が花よりも外側を 移動していればー 花の内側まで塗り消してしまう という心配はほとんどありません それでも このように花の内側まで 食い込んでしまった場合はー ブラシのAに切り替えて サイズを小さめにします 細かい部分をドラッグしてー 補正していきます このようにブラシのAと消去を 切り替えながらー 花の輪郭に合わせて塗りつぶします 「選択したマスクオーバーレイを 表示」のチェックを外してー 彩度の数値を高めて 花を鮮やかにします またシャープの値も少し高めて くっきりと見せます これで花の補正は完了です 次に写真の周りの暗い部分を マスクで覆っていきます 「新規」をクリックして 新しいブラシを作成します ブラシのBをクリックしてー サイズは大きめに設定をします ぼかしは100に 流量と密度も100に設定します 「自動マスク」の チェックを外しておきます 「選択したマスクオーバーレイを 表示」を有効にしてー 写真の暗い部分をドラッグして マスクをかけていきます 「選択したマスクオーバーレイを 表示」のチェックを外します 今度は露光量を少し高めにして 明るくしてー シャドウや黒レベルも高めてー 黒い枠を明るく補正しました これで完成です 「閉じる」または 「完了」をクリックしてー 補正ブラシツールの 操作を終了します 再び補正ブラシツールの ボタンをクリックするとー ピンが表示されてー ピンをクリックすることで 再編集が可能です 補正ブラシツールの効果が どのようにかかっているのかをー 左下のスイッチをクリックしてー 切り替えて確認をします 以上 補正ブラシツールを使ってー 複雑な形に合わせて 効果をかける方法の解説でした 「自動マスク」のオン・オフやー ブラシの種類を切り替えて 細かく調整しましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。