Lightroom CC/6 基本講座

ソフト校正の概要と調整

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
印刷イメージが確認できるソフト校正機能の概要とワークフローを解説します。
講師:
04:21

字幕

このレッスンではー 写真をプリントする際に どのような色で表現されるのかー ライトルーム上で確認する為の ソフト構成について解説をします パソコンのモニター上で見る色は 光の合成により多色で表現されます 紙などにプリントする場合は インクの色の合成による為ー 光よりも表現できる色発が 少なくなりー モニターで見るものと同じ色を 再現できない場合があります プリントをすると どのような色で表現されるのかー ライトルームのソフト校正に 切り替えて確認をします 更にモニターで見るものと 色を近づけるように調整もできます 写真を現象モジュールで開きます ツールバーのソフト校正に チェックを入れます 背景が白にー 変化して 紙に印刷をした時の イメージに近づきます ここで プロファイルを選択します プロファイルをクリックして その他を選びー 一覧からプリセットに追加するー プリンターのプロファイルに チェックを入れます OKをクリックします プリセットから 印刷をするプリンターのー プロファイルに切り替えます マッチング方法では知覚的 相対的のいずれかを選択します ここでは人間の目で見たものと 近い色の表現の知覚的を選びます 紙とインキをシミュレートに チェックを入れー より実際の紙の白と 黒インクの色に近づけます 校正刷りを作成をクリックしー 仮想コピーを作成します 元の写真と比較をしながら 作業をしていきます ツールバーのー 補正前と補正後ビューを切り替え ボタンをクリックしー 校正前のリストから マスター写真を選びます 左側が元の写真 右側がプロファイルが 適用されている状態です ヒストグラムの右上のー 校正の色域外警告を非表示を クリックします 赤く塗りつぶされた部分は インクでは表現が難しい色です この赤い部分を少なくし左側の色に 近い色になるように調整をします 基本補正の黒レベルの値を上げー 暗い部分を明るして修正します 花の赤い部分は HSLパネルの彩度に切り替えー ターゲット調整ツールを クリックしー 赤く塗りつぶされている部分を 下にドラッグして解消します 同時にスライドダウンも連動します 薄くなった色を他の色で補いー コントラストを高めたりー 左側の写真の色に 近づけて仕上げます ソフト校正のチェックを外し ソフト校正での作業を終了します 調整後の仮想コピーを使用し 最終的に出力をします 写真をプリントする際に どのような色で表現されるのかー ソフト校正で確認してー 色域外のカラーの色を調整する 方法についての解説でした

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。