Lightroom CC/6 基本講座

パノラマ画像の作成

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
何枚かに分けて撮影した風景写真などをLightroom上で合成し、パノラマ写真を作成するワークフローを解説します。
講師:
04:18

字幕

このレッスンでは RAW 形式で 水平方向に少しずつ移動させながら 撮影した複数の写真で パノラマ写真を作ってみましょう ライブラリーモジュールのグリッド表示や フィルムストリップから 連続して撮影した複数の写真を shift キーを押しながら選択します いずれかの写真をクリックして もし極端に レンズ歪みなどが気になるようであれば 現像モジュールで 「自動同期」をONにして レンズ補正パネルのプロファイルで 「プロファイル補正を使用」に チェックを入れておきます 選択した すべての写真に同様に レンズ補正が適用できます 次に写真を選択した状態で 右クリックをして 「写真を結合」から 「パノラマ」を選びます 「パノラマ結合プレビュー」を呼び出します 右側の「パノラマオプション」で 投影法を選択します 球面法 円筒法 遠近法の三つが選択できるようになっています 一般的なのが球面法です 遠近法を選ぶと 画像を直線的に合成できますが その分 パノラマ合成で得られる画像が 球面法や 円筒法よりも 小さくなってしまいますので注意が必要です 通常は 「投影法を自動選択」 にチェックを入れておけば 問題ありません また 「自動切り抜き」にチェックを入れておけば 合成で生じる 縁周りの余分な領域を切り取ります プレビューの結果に問題なければ 「結合」をクリックして パノラマ合成を完成させます 写真のサイズや枚数によって 結合が完成するまで時間がかかります 結合したパノラマ画像を 開いて ファイル名を確認すると DNG形式 つまり RAWファイルとなっていることが 確認できます つまり結合後も 他のRAWファイルのように 非破壊での現像作業を行うことができます 現像モジュールの HSLパネルを開いて 彩度を選び ターゲット調整ツールで 空の部分を上にドラッグすると このように空が綺麗に青くなります 芝の部分も上にドラッグして 緑を鮮やかにします また ディテールパネルのシャープの適用量を 増やして くっきりと仕上げます このようにパノラマ合成画像に柔軟な 調整ができます もっと手早くストレートに パノラマ合成を行いたい時には 写真を選択したら shift + ctrl + Mキーを押しましょう このレッスンでは Lightroom の パノラマ合成機能により RAW形式のパノラマ写真を 簡単に作る方法を解説しました

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。