Lightroom CC/6 基本講座

スライドショーのカスタマイズと書き出し

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
高度なスライドショーの作成方法と、実際に作成したスライドショーのアウトプット方法を解説します。
講師:
09:01

字幕

このレッスンでは スライドショーをカスタマイズして ビデオを書き出すまでの 方法を解説します コレクションパネルで スライドショーのコレクションを ダブルクリックすると スライドショーモジュールが開きます ここではテンプレートで シンプルというテンプレートを 選んで適応した状態です この状態からさらにスライドショーを カスタマイズしていきます 右側にあるオプションパネルでは 写真の表示設定をします 枠線を描画にチェックを入れて 枠線の幅と色を設定します ここでは幅を4ピクセルに カラーは黄土色に 設定をしています レイアウトパネルでは 写真を表示させる範囲を調整します ガイドを表示にチェックを入れて 全てをリンクが有効な状態で スライダをドラッグすると 縦横比を保ちながら 写真を伸縮させることができます ここでは82ピクセルに 設定しています 縦横比プレビューでは スライドショーを再生する モニターのサイズに合わせて スクリーン 16x9 4x3 から選びます ここではスクリーンを設定しています スライドの周りをいろいろな アイテムで飾るための設定します オーバーレイパネルでは idプレートにチェックを入れて スライドの枠にロゴの様に 配置して利用します idプレートをクリックして ここではあらかじめ プリセットに保存しておいた グラフィカルなidプレートを 使用しています 他にも編集をクリックして オリジナルのテキストや グラフィカルなidプレートを 作ることができます スケールのをドラッグして 大きさを調整します ここでは25%に設定しています idプレートを直接ドラッグして 位置を調整します ここでは右上に配置しました 透かしやレーティングの チェックを外します 新規にテキストを追加します ツールバーのabcと 描かれている部分をクリックして 右側のスライドボックスに このスライドショーの タイトルなどを入力します テキストが選択された状態で テキストオーバーレイの カラーをクリックして 薄いグレーにに変更します 枠をドラッグしてサイズや 位置を調整します 背景パネルでは 背景をデザインします 背景色にチェックを 入れて黒に設定します グラデーションにもチェックを入れて カラーをここでは 薄いグレーに設定をして ホイールまたは スライダをドラッグして グラデーションの角度を調整します またフィルムストリップから 写真をドラッグして 背景に配置することができます これは好みで利用するといいでしょう 採用する場合は不透明度を 50%以下に落として メインの写真を引き立てます タイトルパネルでイントロと エンディングを挿入します イントロ画面にチェックを入れて idプレートをにも チェックを入れます idプレート部分を クリックして編集から スタイル付きテキストの idプレートを使用するを選択します テキストボックスに タイトルなどを入力します okをクリックします カラーを指定にチェックを入れて テキストのカラーを ここでは薄いグレーに設定して スケールのスライダを ドラッグして テキストの大きさを 設定します ここでは40%に 設定しています エンディング画面にも チェックを入れて idプレートを追加を チェックします ここではオーバーレイパネルで 設定したのと 同じグラフィカルな idプレートを使用しています スケールはここでも 40%を設定しておきます 音楽を追加していきます 音楽パネルの左側の スイッチをオンにして 音楽を追加アイコンを クリックします BGMとして使用する曲を 選択します 複数の音楽を 設定することもできます 再生パネルを開き スライドの長さや クロスフェードの長さを スライダで調整したり 音楽に合わせるを クリックすると 選択した音楽の長さに合わせて スライドの長さを 自動的に合わせます スライドを音楽と同期に チェックをいれると 音楽のテンポに合わせて スライドが切り替わります オーディオバランスでは 読み込んだビデオの音と 音楽のどちらの音量を 優先させるかとういう 調整もできます また写真を表示する 位置や範囲を 自動的に移動させて 動きを出す効果の on/offや パンとズームを大きく動かすか 小さく抑えるか という調整を スライダで行います スライドショーの画質を 標準・高・低から選択できます 再生での負荷を かけたくない場合は標準を選びます ツールバーの最初のスライドを 移動にクリックして フィルムストリップで 最初のスライドが 選択されていることを確認して プレビューや再生をクリックして スライドショーを確認します ビデオを書き出しをクリックして ビデオファイルを 保存する場所を指定して 名前をクリックします 再生するデバイスに合った ビデオプリセットを選び 書き出しをクリックします 以上このレッスンでは スライドショーをカスタマイズして ビデオを書き出すまでの方法を 解説しました 書き出したスライドショーを 公開するなどして活用しましょう

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。