Lightroom CC/6 基本講座

ピクチャパッケージの印刷

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
プリントする用紙上にあらかじめ用意されている大きさに合わせてひとつの写真を複数配置しプリントするピクチャパッケージのプリントの解説をします。
講師:
04:25

字幕

このレッスンでは複数の写真を 1枚の用紙に整列をして印刷をする コンタクトシートの設定について解説をします ここでは A4 サイズに 20 枚の写真を 縦横に整列させます まず印刷したい写真はコレクションに まとめておきましょう フォルダーの異なる写真も コレクションに含めることができますし またコレクション内では写真の順番を ドラッグして入れ替えることもできます ここではコレクション内の 全ての写真を印刷したいので ライブラリモジュールのグリッド表示や フィルムストリップで いずれかの写真をクリックしてから Mac では Command + a キーを Windows では ctrl + a キーで全ての写真を選択します 次にプリントモジュールの テンプレートブラウザーで コンタクトシートと 表記されているものから選びます ここではコンタクトシート 4×5 を 選択します 横4列縦5行のセル中に 写真が自動的に配置されます 現在の画像用の設定パネルで セルいっぱいに写真を表示させるかどうか などの設定をします レイアウトパネルでは セルの間隔や セルの大きさを 微調整します ガイドパネルでは 実際には印刷されませんが 編集用の目安となるガイド線の 表示 非表示を切り替えます ページパネルでは写真1枚に 著作権情報などの 透かしを挿入することもできます 写真情報にチェックを入れると 初期設定ではファイル名が適応されていますが ここでカメラデータや 日付など 表示させる内容を 変更することができます ここではファイル名に戻して フォントサイズを少し大きめにして 変更しています プリントジョブパネルでは ドラフトモードプリントのチェックを外すと プリントの解像度や シャープ カラーマネジメント プリント調整などを 手動で調整することができます また出力先をプリンターではなくて JPEG ファイルで書きだすこともできます プリントをする前に このコンタクトシートの設定を 保存プリントを作成 をクリックして 名前にプリント用のコレクションとして 分かりやすい名前を入力しておきます 作成をクリックします このコンタクトシートのレイアウトを利用して 同じコレクションや他のフォルダーの 写真を 同じように整列して 印刷することができます あとは用紙設定及び プリント設定をクリックして プリンターと印刷する用紙の設定を行い プリントをクリックして印刷をします 以上 複数の写真を1枚の用紙に 写真を整列して印刷をする コンタクトシートの設定について 解説をしました

Lightroom CC/6 基本講座

Lightroom CC/6には写真の管理や編集のほかにもフォトブックやスライショーなど撮った写真をフルに活用できるさまざまな機能が備わっています。またLightroom mobileとの連携によりモバイル端末でのRaw現像やテザー撮影、ビデオの簡易編集などを行うことも可能です。このコースではこれらのLightroomの便利な機能を詳しく解説します。

6時間08分 (77 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 3,990
発売日:2015年08月20日
アップデート日:2016年06月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。