初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

レンダーキューとmedia encoder概要

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
After Effectsでは、作成した内容をムービーファイルに書き出す方法が複数ありますが、今回は一番簡単な「Adome Media Encoder」を使った方法を解説します。
講師:
05:59

字幕

はい、こうしてムービーが完成した後は 一般のプレーヤーで見たり インターネットにアップしたり ということができるように 動画のファイル、ムービーファイル に書き出す必要があります。 After Effects からムービーファイル を書き出す方法なんですが 実は二通りあります。 はい、まずその二通りが 入っているところなんですが ファイルのメニューの「書き出し」 というところがあります。 書き出しもいくつか 項目があるのですが この中でムービーファイル に書き出すのは Adobe Media Encoder キューに 追加というところと レンダーキューに追加 この二つのどちらかとになります。 実は今のバージョン After Effects CC になる前の After Effects は 主にこちらレンダーキューに追加 という方を使っていました。 After Effects ですね。 すでに使ったことがあって この講座をご覧になっている方は レンダーキュから書き出しという ものをやったことがあると思います。 まあ一応ちょっと見てみると この書き出したい コンポジションですね。 これが開かれている状態で 「ファイル」〉「書き出し」〉 「レンダーキューに追加」とやると レンダーキューという画面に飛んできて ここの方で様々な 書き出し形式などを設定して 書き出すということを After Effects 内部でやっていました。 今でもこれはできるんですが 今でもこれはできるんですが 実は今の After Effects CC もう一つ加わった Adobe Media Encorder キューに追加 という方法が加わりました。 総合的に見るとですね。 こちらの方がまあ実用的で ちょっと簡単な部分とか 手軽にできる部分が多いので 今回はですね こちらの方を覚えて頂こうと思います。 なのでレンダーキューですね このタブに出てくるのですが ここをクリックすれば閉じます。 では改めて 書き出したいコンポジションを 選んである状態で 「ファイル」>「書き出し」> 「Adobe Media Encorder キューに追加」 を実行してみます。 ここに出てくる Adobe Media Encorder というものなんですが 実はこれ別のソフトです。 ただアドビのクリエイティブクラウドで 利用していれば もちろん Media Encorder も 一緒に入ってきます。 なのでソフトをインストールする際は Media Encorder を是非とも インストールしておいて下さい。 はいでは Media Encorder キューに追加 をクリックすると しばらく処理が行なわれて はい パッと変わりました ここを見て頂くとわかるのですが After Effects から 今度は Adobe Media Encorder CC という ソフトに変わりました。 別のソフトに移ってきたのですね。 そしてここで見ると 一個、項目があります。 これがキューというものでして 動画への書き出し 動画ファイルへの書き出しを ここで蓄積して リスト上にするところで よく見ると 光線とありますね。 はい、これは Chapter 2 で作成した コンポジションの名前です。 先ほど After Effects の ここで選んでいた コンポジションの名前がそのまま Media Encorder の ここの名前に出てきています。 はい、それでは設定について説明します。 まず、おそらくですね何も設定せずに 飛ばしてくると この設定になるかと思います。 はい、こちらから H264 プリセットがソースの一致 出力ファイルとなっていますが まずこの形式というところですね 今 H264 となっていますが この H264 という形式は 例えば 最近のスマートフォンタブレットやパソコン ネット上のビデオなんかで 一番良く使われている形式のビデオです。 なので今回はこの H264 形式で 書き出そうとか思います。 他にもですね、こう見てみると 色々な形式があって、例えば これは DVD にするためのものであるとか 他にも様々な形式があるのですが 今回は一番良く使われる H264 形式で 書き出しを行ないます。 そしてプリセット  ソースの一致となっていますが これはですね。 今書き出しかけたコンポジション この設定に一番ピッタリ合ったものが すでに自動で設定されているということです。 このままでもいいのですが 一応中身を見てみましょう。 Media Encorder で 設定の中身を見る時には このプリセットの列の この部分ですね これをクリックします。 すると、しばらくして このような設定が出てきます。 これが書き出しの詳細設定で このような項目があります。 はい、ここがですね。 もし専門的にかなり 詰めていきたいのであれば ここをいじっていっても いいのですが とりあえずですね 例えば画面の大きさ 1280 から 720 ですね。 他に さまざまな項目は もうコンポジションの設定と 一致する形になっているので フレームレートと フレームの数も同じですね。 基本的には何もしなくても 大丈夫です。 その他ですねここの プリセットというところを見ると 様々な機械に向けてとか 用途に向けてのものが入っているのですが これはちょっと一旦置いておきます。 まずこのコンポジションの設定 自動判定でできたものを 一個目とします。

初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

このコースでは、After Effectsで写真やビデオを加工して、テレビや映画のヒーローが使う光線などの技を再現する手順を解説します。After Effectsがまったく初めての方でも最後まで完成できるようにゆっくりわかりやすく進めていきます。また昨今ネットで流行した、周囲にいる人が吹き飛んでいるような画像の簡単な作り方も紹介します。

2時間49分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。