初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

キューを複製書き出しの実行

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Adobe Media Encoderでは、マスター用、スマホ向けなど複数の設定を一度に書き出すことが可能です。
講師:
05:29

字幕

After Effects から ムービーを書き出すのに なんでわざわざこのツールを 使っているかというと 実は色々と効率的な使い方できるんですね。 でこっちですね、先程設定した この一つ目の書き出しは、とりあえず 作成したコンポジションの映画は 概ねを綺麗に出る なかなか綺麗な画質の設定です。 ただムービーのファイルというのは 用途によって様々な景色があります。 例えばネットで配信したいネットで Web ブラウザーに埋め込んでみたい なんていう場合には ちょっとこれだと重いですね。 もう少し軽いファイルにしなければいけなくて そうした様々な形式が必要になってきます。 この AdobeMedia エンコーダという ソフトはそのように様々な用途 Web で見たい、スマートフォンで見たい DVD ブルーレイにしたい もう放送用の非常に綺麗な マスターを作りたい その一番きれいなものから 手軽なものまで さまざまなムービーを一度に 書き出せるという 書き出し専用のソフトになってます。 なので After Effects の書き出しの 機能で行うよりも いろいろ便利に扱えるので こちらを使っているという理由があります。 では今ですね、こちらがマスターを 書き出す設定ですが ついでにスマートフォン用に、もう一つ 一度に設定を作ってみようと思います。 それでは現在のこの設定のところを 右クリックします。 そして、中から複製を選びます そうすると このように 項目が増えました。 今この段階では全く一緒ですね。 そしたらば、二つ目の この設定、これをキューと呼びます。 キューが今二つあります。 はい、ではこちらは プリセットから何か選んでみましょう。 これを開けて様々なものがあります。 この 3GPP というのが ちょっと前の携帯電話 いわゆるガラケーなんて 呼ばれるものですね。 用の設定なので最近はあまり 使わないかもしれないです。 ずっと見ていくと例えば アマゾンキンドルファイヤー ですとか Android スマートフォンですとか タブレット そして Apple のデバイスと もうさまざまな現行で使われている 機械何かのプレセットがいっぱい入ってます。 ずっと見ていくと そして大体 この上のもののように、マスター用と 使うのは HD と書いてあるとこですね。 その他例えば Vimeo であるとか Youtube といったこうした 動画サイト用の設定なんてのもあります。 なので今回は、よく使われそうな所として iPhone 用の 設定を一個作ってみようと思います。 それでは今回は iPhone4 以降で使える、この設定 720p というのが前の チャプターで紹介したように 画面の大きさですね。 29.97 というのが、実質 1秒間に 30 個まで映像ができると 今回作ったものの設定なので これは スマートフォン用途といえども、多少 綺麗に出ると思うので これにしてみたいと思います。 さあこんな形で 複数のですね 用途が必要マスターが必要 スマートフォン用が必要 何々が必要とある場合には、一度に 設定をいっぱい作って 書き出すことができます。 でですね書き出しの作業なんですが 結構設定によっては時間がかかります。 かなりもうレイヤーを何十枚も作って しかもそれが、映像が一分ぐらい 何分もあると いtったようなもの 何個も書き出すと もう本当に一晩とかかかってしまうものも 中にはあるんですが このようにですね キューを作っておければ 一個ずつ書き出す度に新しく人間が 操作しなくても自動でやってくれるので 例えば仕事が一日 After Effects で仕事をして 全部作って、では帰るときに 書き出しだけセットして 翌朝きてるとできあがってると そんなことが、これを使うと可能になります。 それでは最後に保存先ですね 設定はこれでいいので、一番最後の 「出力ファイル」という所をクリックすると 保存先が指定できます。 これは自分がわかるように 自分が書き出したフォルダや 場所を指定して「保存」としておきます。 そしてこちらも同じですね。 同じ名前が重複するときには 後にできるものに1,2,3とナンバリングが されてきます。よくできてます。 そしてこのまま 「キューを開始」というところを押すと 処理が行われ 書き出しが開始されます。 今エンコードが進んでますね。 これで一個目が完了です。 そして今度は今二個目が処理されてます。 これがですね 何十個もあっても 人間は何もしなくても 自動で終わってくれるので大変楽です。 はい完了すると、今みたいな 気持ち音がしますので、これで完了です。 このあとは実際にファイルを見て 中身を確認してみます。

初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

このコースでは、After Effectsで写真やビデオを加工して、テレビや映画のヒーローが使う光線などの技を再現する手順を解説します。After Effectsがまったく初めての方でも最後まで完成できるようにゆっくりわかりやすく進めていきます。また昨今ネットで流行した、周囲にいる人が吹き飛んでいるような画像の簡単な作り方も紹介します。

2時間49分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。