Revit 2016 基本講座

Revitの構成を理解する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、BIMソフトRevitがどのような構成になっているのか、その概要を解説します。
04:17

字幕

このレッスンでは BIM ソフトである Revit が どのような構成になっているのかについて その概要を説明します パソコンの中でこのように 3Dモデルを作成します 建築模型という感じかと 思いますけれども Revit ではファミリと呼ばれている物を 組み合わせて作ります 壁とか天井 家具 床 植栽 そういうものを Revit では「ファミリ」と呼びます そのファミリを使って このように3Dモデルを作ります それを色々な方面から見る これを「ビュー」と言いますけれども 例えば水平に切ったものであれば 「平面図」ビューになります これは1階の平面図のビュー 2階の平面図のビューはこうなります これを垂直に見れば「立面図」になります 「北立面図」のビュー 「西立面図」のビュー 建物の中で切れば「断面図」になります 「断面図」ビューです そして3Dとして アイソメとか 表現できますし 3Dをパーツ的に表現すれば パーツにもなります これらを「シート」と呼ばれるものに 貼り付けていきます シートとはいわゆる図面枠と 言ってもいいと思いますけれども 図面枠を取り込んだシートに 先程の各ビューを1階平面図とか 2階平面図というビューを ここに取り込んだもの これが1枚のシートいわゆる図面です この図面であれば 平面図という図面と― 言っていいと思います そのように各シートを作っていって 立面図のシートには 立面図のビューをここにもってくると― いうことで立面のシートを作ります 断面図のシート 3D表現 これは内観と外観 アイソメを表現してますけど 或いは平面図に色をつけた 着色の平面図とか こういう風にシートを作って それの図面のリストを表現したりすれば 一通り最終成果品として必要な― 表紙から始まり 図面リスト 平面 立面 断面 あと必要に応じて 詳細図 建具表 展開図等つけて 図面一式ができあがります これらをシートと呼びます そのシートに必要なもので ここに出ていますが 面積表とか これは集計表と呼ばれている機能を使って 作ります このような構成が Revit の大きな構成です このレッスンでは BIM ソフトの Revit が どのような構成になっているのか その概要を解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。