Revit 2016 基本講座

Revitのインターフェースを理解する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Revitを自在に使いこなすために、操作の基本となるインターフェースを解説します。
03:31

字幕

このレッスンでは Revit を 自在に使いこなすために 操作の基本となるインターフェイス について解説します まず画面左上部にあります R と書かれた文字は ここをクリックしますと ファイルを開いたり 保存したり あるいは印刷したりという― ファイルの基本的な操作を ここで実行できます 次に画面上部に横に並んでいる この部分は リボンと呼ばれます これはその1つ上段にある― タブと呼ばれている部分 「建築」「構造」「設備」「挿入」 といった各タブごとに コマンドが配列されています このリボンの表現は 中央上部にあります― 三角形のここをクリックいたしますと 何段階かの表現に変わりますので その時のパソコンの状況によって リボンの表現を変えることができます 次に画面左右にあります 「プロジェクトブラウザ」というものと 「プロパティ」が よく使うものですので この表現 これは 「表示」の中の 「ユーザーインターフェイス」という― ここでそれぞれの表示・非表示が 選択できます ここで「プロジェクトブラウザ」と― 「プロパティ」を選択して チェックを入れまして そして配置はこのように 自由に位置を変えられますので その時の状況によって 変えることができます 次に一番上段にあります この部分は クイックアクセスツールバー と呼ばれる所で よく使うコマンドがある場合には そのコマンドを右クリックをしまして でてくる 「クイックアクセスツールバーに追加」 といたしますと ここに追加されます 並び替えは 右横の― ここをクリックしまして 「カスタマイズ」という所で 位置を変えたり 削除したりということができます これによってタブを1回1回クリックして 中のコマンドを選ぶのではなく 直接ここに並んでおります クイックアクセスツールバーで操作できます これらを使って 画面中央での操作を行います これが Revit の インターフェイスの概要です このレッスンでは Revit を 自在に使いこなすために 操作の基本となる インターフェイスを解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。