Revit 2016 基本講座

RevitとRevitLTの違いを理解する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Revitと廉価版のRevitLTとは、どこがどのように違うのかを解説します。
03:49

字幕

このレッスンでは Revit と 廉価版の RevtiLT とは どこがどのように違うのか を解説します この画面は Revit の画面です LT との一番の違いは 「コラボレート」タブ このメニュー全体が LT にはありません これはどういう機能かと言いますと 基本的に Revit では 1つのプロジェクトに対して 1つのファイルで扱います ですから小さい物件の場合には 問題ありませんが 大きい物件になってきますと やはり1人では時間が 足りなくなってきますので 2人または3人と 手を分ける必要があります そういう時に便利な機能が この「コラボレート」タブにある― 「ワークセット」 というコマンドです この機能は1つのファイルを 中央モデルとして認識させて それに対して複数の人がアクセスをして 権限をお互いに決めて そして作業を効率よくしていく そういう時に使う機能です 次に違う所は パースを作成する時に ここには「ワイヤフレーム」とか 「隠線処理」 「シェーディング」などの― コマンドがありますが このような表現は LT でもできます できないのは ここにあります 「レンダリング」の機能です 綺麗な完成予想図を作成する時に使う レンダリングの機能 これが LT にはありません 次に違う所は モデルを作成する時に このプロジェクト固有の モデルを作成する機能として 「インプレースを作成」 という機能があります これは様々な形状を 「壁」「外構」「天井」「家具」 といった― いろいろなカテゴリとして 作成するコマンドですけど この機能が LT の場合には 「壁」だけのインプレースを作成できますが それ以外のインプレースは作成できない という違いがあります Revit の場合には ここに インプレースを作成というコマンドがあります LT の場合には ここに何もなくて 「壁」のここに 壁のインプレースを作成するという コマンドがあります 他にもいくつか違いがありますけれど 以上が大きな違い目です このレッスンでは Revit と廉価版の RevitLT とは どこがどのように違うのか を解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。