Revit 2016 基本講座

線を引く

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、線を引く操作の中で、Revitの基本的なマウスの操作やCADの機能を解説します。
04:03

字幕

このレッスンでは線を引く操作を通して Revit の基本的なマウスの操作や― CAD としての機能を解説します まず線を引く場所を用意します 「表示」>「製図ビュー」をクリックします 「スケール」は百分の一として OK します 製図ビューというのは3次元ではない― 2次元のデータを作成する場所です ですから従来の2次元 CAD を使うのと 同じ感覚で線が引けます 線を引いてみましょう 「注釈」>「詳細 線分」 詳細には細かいという意味もありますが 3次元ではなく2次元の線ですという 意味が含まれます クリックすると ボタンが変わります 「連結」のチェックは外しておきます そして今から引く線の種類については リボンの一番右端の「線種」の所で 決めることができます 最初は 1Dot の太さで 色は黒― そして実線を選びます 画面の左側に 左クリックで 1箇所点をクリックすると そのあとマウスを動かすと このように線ができるので 適当な位置 この場合には 右の方に持ってきて もう一度クリックすると線が引けます 次に線の種類を変えてみます 今度は太さが 2Dot で 色が赤で― 実線を引いてみます 次にもう1本 6Dot の太さで黒い実線 実線でないものも引いてみます 1Dot の黒で破線を引いてみます このように点線が引けます マウスの中央のホィールボタンを 回転させると 拡大 縮小ができます そのホィールボタンを押しながら動かすと 所謂ドラッグをすると こういう動きをします 次に この表現ですが これは印刷する時の太さを表していますが クィックアクセスツールバーの 「細線」をクリックすると 線が一律に細くなります もう1回押すと戻ります これは作業の精度とか印刷時の表現とか― その時の状況によって 使い分けていきます このレッスンでは線を引く操作の中で Revit の基本的なマウスの操作や CAD としての機能を紹介しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。