Revit 2016 基本講座

選択の方法を理解する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、Revitで用意されている様々な選択する方法について解説します。
03:47

字幕

このレッスンでは Revit で用意されている 様々な選択する方法について解説します 基本的に Revit では まず線やモデルデータを選択して選んで それからそれをどうするかという コマンドを使います 最初にまず上部の「リボンツール」 の左端にあるー 「修正」という矢印のコマンドがありますが これをクリックします そうして次にマウスを移動させると 破線の上にマウスを持ってくると その線の色が青い色に変わります これがその線を選んでいることなので この状態で左クリックをすると その線が選ばれます 解除は esc で解除されます もしくは選択した線以外の空欄で クリックしてもその選択は解除されます 2つ以上選択したい場合は control キーを押しまして 2つ目3つ目と複数を選択して行きます また一旦選択した物を解除したい場合には Shift キーを押しますと カーソルの近くに「ー」が出まして 選択を減らして行くことができます またマウスを左側から右側にドラッグさせると その中に完全に囲まれた部分が選らばれます では左下から右上でも同じです これを逆に右側からやりますと 意味が変わります 右側から左側へドラッグした場合には すこしでもかかった所は全部選択されます 完全に囲まなくても 部分的にでも引っ掛かっていると それは選択されます これは AutoCAD と同じような選択方法です またいくつも線が重なっている細かい所では マウスを持って行った後 タブキーを何回か押して行くと その度に選択している物が変わっています その近くにある物を順に選択して行きますので これで目的の物を選ぶことができます 非常に良く使う機能ですので 覚えてください タブキーです また線が連続している場合には ある1本の線の上にマウスを持って行って クリックせずにタブキーを押すと その線に連続してる線すべてが 選択されます これも便利な機能ですので 覚えられるといいと思います このように Revit では 沢山の選択する方法が用意されていますので 随時その時の目的にあわせて 選択をしてください このレッスンでは Revit で用意されている 様々な選択する方法について解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。