Revit 2016 基本講座

仮寸法を理解する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、長さや位置を変更するときなどに使う便利な仮寸法について解説します。
03:52

字幕

このレッスンでは 長さや位置の変更する時等に使う 便利な仮寸法について解説します まず仮寸法というのはどういう物かと いいますと 例えば今この赤い線を選択しますと 出てくる長さを表す数字とか 近くの線との距離を表す青い数字 これが仮寸法です なぜ仮なのかというと 選択を解除すると消えるからです 解除する方法は 選択した後 esc を押すか もしくは何も無い所でクリックをすると 解除になります 次にこの仮寸法の文字の 大きさの変更をする方法を説明します 最初小さく感じることが多いと 思いますので 大きくしてみます 設定する方法は左上の 「アプリケーション」メニューの中の 「オプション」の中の 「グラフィクス」の下の方にあるー 「仮寸法文字の概観」というところが ありますので このサイズ現在8になっているところを 例えば12に変えて OK すると このように仮寸法の文字の大きさが 変わりました 次に使い方ですが 仮寸法の数字は選択をできます 選択をして違う数字を入れると その数字になるように長さが変わったり こちらの数字は この線からの距離を表していますので この線との距離を変更することができます 次に基準になる線が 思っていたのと違うという場合には 青い丸印をドラッグすると 変更できるので 変更した後 数字を入れれば そこからの距離に変わります 中心からすれば 中心までドラッグして その数字を入れ この線の青いところをドラッグして そして数字を入れます このように線の位置とか長さを 変更することができます 次にその仮の数字の近くにある ドア印のマークがありますが これをクリックすると 仮寸法だった物が 従来の通常の寸法に変わります このレッスンでは 長さや位置を変更する時等に使う 便利な仮寸法について解説をしました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。