Revit 2016 基本講座

通り芯を編集する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、通り芯はどのような動きをするのか、平面図や立面図での扱いを解説します。
03:45

字幕

このレッスンでは通り芯は どのような動きをするのか 平面図や立面図での扱いを 解説します 例えば今 1階の平面図ビューで このような通り芯を作ったとします そうすると 他の2階とか 3階でも すべて同じように通り芯はできています 次に 1階でこの通り芯の一番端にあります 丸をドラッグしますと 長さが変わります そうすると 2階でも同じように変わっています では1階だけ変えたいという場合には どうするかと言いますと この「 3D 」という青い文字がポイントです 3D というのは各階全部 共通で動きます という意味がありますので これをクリックしまして 2D に変えます そうして ドラッグしますと この変更は1階だけでして 2階― 他の階では変更されていません 次に こちらの A から F までの 通り芯は 「配列複写」を使って 作ったものですのでグループになっています ですのでこれを編集する場合には 一旦「グループを編集」という そのグループの中に入りまして それから変更する必要があります 次に立面図で見てみましょう 立面図で見ますと ここに通り芯 1から4まで作られていまして それが― 上まで行っています この長さを例えば 途中まで 8階まで下げてみますと この状態で9階の 平面図を見ますと 1から4通りが消えています つまり通り芯というのは 線というよりも 面と認識したほうが わかりやすいと思います この場合に 通り芯が上に行っていないと 9階の通り芯が 1から4が消えてしまう という意味ですので それを意識して 通り芯を作成する必要があります このレッスンでは 通り芯はどのような動きをするのか 平面図や立面図での扱いを 解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。