Revit 2016 基本講座

レベルを作成、変更する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、高さの基準であるレベルについて、その作成と変更する方法について解説します。
06:14

字幕

このレッスンでは高さの基準である レベルについて― その作成と変更する方法について解説します 中央の画面を 「立面図 北」ビューをダブルクリックして 切り替えます この画面の横の線がレベルを表します 2FL 3FL まず1つレベルを作ってみます 作成方法は「建築」>「レベル」を クリックして 両端をクリック クリックすると レベルが1本引けます その高さを調整したい場合は レベルを選択して 出てくる仮寸法の数字を 変えると 調整ができます 2階の階高を変えたい場合 どうするか 3階の FL をクリックして 3700 というこの数字を例えば 4000 に 変えると2階の階高は変わりますけれども 同時に3階の階高も変わりました それは 4FL が変わってないので 2階が 300 大きくなった分 3階が小さくなったということです こうではなくて3階から上は全て変えなくて― 2階だけ変えたい場合には どうするかというと 方法は2つあります 一度 Ctrl キーを押しながら Z で 戻しますけれども まず3階から上のレベルを全て 選択します 選択するにはマウスのドラッグで 右側から左側に向かって― ドラッグするとこのように選択できます 選択したあと 移動キーを押して どこか基準をクリックした後 上の方向に例えば 300 移動します そうすると2階だけ変わります 次に違う方法を説明します また Ctrl + Z で元へ戻しておきます 今度は寸法を入れます 「注釈」>「平行寸法」で 順番にレベルをクリックして ずうっと通しの寸法を入れておきます 最後は何も無い所でクリックすると 終了します この寸法を選択して出てくる数字の近くの― 鍵のマーク これは最初はロックが外れていて 自由に変更できる数字になっています ここを例えば 3階から上を全部ロックをかけます ロックをかけると この階高は変更できなくなります ということはこの状態で― 2FL の数字を― 変えると3階から上の数字は 変わらないので 2階だけ階高が変わったと いう事になります このようにロックを上手に使うと 思ってもいない所で階高が 変わったりすることがないので 便利な機能です 次に レベルを選択して出てくる― プロパティの中のここにある数字というのは 一番下のグランドラインからの高さ 8000 ですから 100 + 3900 + 4000 で 合計 8000 そういう数字になっているので ここでその数字を変えることもできます そうすると他の数字が変わりました このようにいくつか変更する方法があるので この中から適宜選んで 変更することがポイントです このレッスンでは高さの基準である レベルについて― その作成と変更する方法について 解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。