Revit 2016 基本講座

壁を作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、3次元モデルの基本である壁をどのように作成するのかを解説します。
06:46

字幕

このレッスンでは3次元モデルの基本である― 壁をどのように作成するのかを解説します まず中央の画面を 平面図1階のビューを ダブルクリックして切り替えます 使うコマンドは「建築」タブの中の― 「壁」の中の「意匠」です どのような描画方法をするかということが ここにありますように 線分なのか 長方形なのか 円なのか ここで選択をします まず線分で引いてみます その際に「連結」にチェックが入っていると 続けて行けます 早速壁を作成しましょう 通り芯の中心に作成するのであれば 通り芯と通り芯の交点をクリックして行けば 通り芯沿いに壁を作成できます 次に「連結」のチェックを外すと 2回目のクリックで終了します この壁がどのようにできているのか いわゆる2次元 CAD ではないので 3次元としてどうできているのかを 確認します ビューを「3Dビュー」の中の{3D}を クリックして開きます そうするとこのように高さを持った壁として 作成されていることが分かります この3Dビューの操作の方法ですが Shift キーを押しながら 中央のホイールボタンをドラッグすると このような回転をします もう一度言うと Shift キーを押しっぱなしにして 尚且つマウスの中央のボタンを 押しながら 動かす ドラッグすると こういう動きをします 次にマウスの中央ホイールボタンを ドラッグすると このような動き ―パンと言いますが― こういう動きをします 又 そのホイールボタンを今度は 回転させると 拡大縮小ができます また右上の方にあるこの面をクリックすると その面に移動します 左上のこの家のマークをクリックすると ホームビューという ビューの最初の設定の所に戻ります 今度はこれを立面図で確認しましょう 「立面図ビュー」の「立面図 北」を ダブルクリックすると このように今作った壁というのは 1FLから2FLまでできていると― いう事を確認できます これはどのようにして 設定されていたのかと言うと 壁を作る時に その壁のプロパティとして この壁は「上部の拘束」が 「上のレベルへ:2FL」までに なっているからです これが例えばRSLまで― 今この壁は変更しました 拘束されているとします そうすることによって もう一度3Dビューを見ると このように― 今高さを変更した壁がこのように RSLまでいってることが分かります 立面図で確認しますと このようにRSLまで行ってることが 分かります このように BIM で設計するということは 壁の線を描くことだけではなくて 壁という高さを持った情報を 配置するということになるので 今までの 従来の2次元の CAD の設計手法とは 考えを変えないといけません そのことがこの壁の入力で分かります 次に上部の拘束のレベルから 少し高さを変えた所までにしたい場合には その2行下の 「上部レベルからのオフセット」の数値を 変えるとそのレベルからの調整ができます 例えば今ここに-200と入れてみますと 立面図で確認しますが 今入力した壁はRSLから 200下がった所まで 壁が立ち上がっているという事が 確認できます このレッスンでは 3次元モデルの基本である― 壁をどのように作成するのかを解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。