Revit 2016 基本講座

屋根に壁をアタッチする

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、作成された屋根に壁をアタッチさせたり、解除したりする方法について解説します。
04:17

字幕

このレッスンでは 作成された屋根に 壁をアタッチさせたり 解除したりする方法について解説します アタッチと言いますのは 屋根の面まで壁を伸ばすことを言います やってみましょう まず壁を選択し コマンドで「アタッチ」という所を クリックして それから屋根を選択すると そこまで壁が伸びて行きます 解除する方法は壁を選択して 「アタッチ解除」 そして屋根を選択 これは複数の複数の壁を同時に アタッチすることもできます 例えば control キーを押しながら 3つ壁を選択して そして「アタッチ」 そして屋根を選択します この機能は後で屋根の形状が変わっても 壁は追従します やってみましょう 屋根を選択して 「フットプリントを編集」にして 例えばこちら側に勾配を定義します モードを終了しますと このように屋根が形状を変えても 壁はその形状に追従します 次に屋根の高さを変えてみましょう 断面図に移動します 屋根を選択すると 「レベル」>「基準オフセット」のところが 0になっています これは基準レベルがまず RSL になっていて そこからの高さのセットが±0と言う意味です 具体的にどういう意味かというと 基準面が RSL で そして外壁の先端から 屋根の先端を決めていましたので ここの外壁の先端のラインと RSL の基準面の交点を 基準にして屋根ができている という意味ですので 例えばこのオフセットの数値を 1m に変えてみましょう そうすると屋根が上がりました 確認します メジャーの中の「2点間を計測」コマンドを 使いまして ここからここまで 1m になっているのが確認できます 3D ビューに戻って確認すると 屋根が高さを変えた場合でも 壁は追従していることが分かります このレッスンでは作成された屋根に 壁をアタッチしたり 解除したりする方法について解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。