Revit 2016 基本講座

インプレイスを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、プロジェクトの中で自由な形状を作成できるインプレイス機能について解説します。
05:34

字幕

このレッスンではプロジェクトの中で 自由な形状を作成できる― インプレイス機能について解説します 作成するビューを 「配置図」ビューに切り替えます 使うコマンドは「建築」タブの中の 「コンポーネント」の中の― 「インプレイスを作成」です ただ RevitLT の場合にはここには無くて 「壁」の中に ここにあります この違いは Revit では これをクリックしてみると カテゴリが自由に選択できます 今から作るインプレイスを どのカテゴリに入れるか 壁か天井か家具か床か柱か それが自由に選択できるが RevitLT の場合には壁しかできません 今回は玄関ポーチを作ってみたいので カテゴリを床にします カテゴリというのは分類ということだが 従来の CAD で言うとレイヤーのような 振る舞いをします 床のカテゴリにして 名前を適宜つけた後 OK そして作る形状の輪郭をまず作ります インプレイスの場合には このようにメニュー構成なんかと変わって 自由な形状を作れるように 様々なコマンドが用意されています 今回は「押し出し」を使います クリックすると 押し出しの始点と終点という項目が プロパティにありますが これがその押し出しの形状の― 始まりと終わりの位置を表すので レベルの設計 GL からを基準にしてるので 今回ここの玄関ポーチであれば 設計 GL 0から終点が 150 とします そして形状を入力します 描画の中から選んでつくりますが 例えば「選択」で 壁の内側とか玄関框を狙って 形状を作成します ポーチの先端の部分は基準になる線が無いので 線を「線分」で引きます そしてこの距離が 300 であれば 選択した後 仮寸法の位置を調整します この位置にこない場合は タブキーを押すとここに来ます そして外寸法の数値を 300 にすると これで 思った位置にきました そして輪郭を「コーナーへトリム」ツールを 使って 輪郭を整えて行きます できたら 「モード」を終了します そして「インプレイスエディタ」の 「モデルを終了」します これで形状ができました 確認します 「 3D ビュー」の― ビューを逆にすると このように玄関ポーチができています このレッスンではプロジェクトの中で 自由な形状を作成できる― インプレイス機能について解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。