Revit 2016 基本講座

スロープを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、スロープをどのように作成するのか、高さや勾配の設定方法について解説します。
04:27

字幕

このレッスンではスロープをどのように 作成するのか 高さや勾配の設定方法について解説します 使用するビューですが 平面図1階ではなくて 配置図ビューを使用します その理由は今から作るスロープは 玄関ポーチに摺りつくように作成するので 高さの基準の最初の位置が 設計 GL になるので 配置図ビューは関連したレベルが 設計 GL ですので ここを使います 次に「建築」タブの「スロープ」を クリックします そして高さの設定をします 最初の高さが設計 GL です それに対してオフセットは0 そしてスロープの降りる高さは 設計 GL+150 にします そしてスロープをまた作成しますが 手すりをどうするかということについては 「手すり」コマンドをクリックして ここでどのような手すりにするか 選択できます 今回は無しにします 次にスロープの始まる位置から終わる位置まで 適当な位置で始まる位置と終わる位置を 余裕を見て二点クリックします ここでできた形状ですが まずここの玄関ポーチの先端の 中心に合わせたいので 全体を選択した後で移動ツールで 端点から端点に移動して そして「位置合わせ」を使って 端にこれを合わせます 次にこの勾配はどうなっているのかと いいますと 「タイプを編集」をクリックすると この中に最大勾配という欄があり 1/12になっています これで決まっているので 先ほど両端を余裕をもってクリックした時に この距離で止まったのは勾配を 1/12にした上で 最大にしているからです この状態でモードを終了します では概観を確認します 3D ビューで見てみますと 確かに設計 GL から 設計 GL+150 までの高さに スロープができています このレッスンではスロープをどのように 作成するのか 高さや勾配の設定方法について解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。