Revit 2016 基本講座

コンクリート階段を作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、現場打ちのコンクリート階段をどのように作成するのかを解説します。
04:49

字幕

このレッスンでは 現場打ちのコンクリート階段を どのように作成するのかを解説します 1階の平面図ビューを開いて 「建築」タブの中の「階段」をクリックします タイプセレクタの中から 「現場打ち階段」を選択します 「手すり」は「なし」として 経路は左 オフセット 0.0 (ゼロ) 実際の経路幅は 750 とします 1階のFLから 2階のFL までに なっていることを確認して 蹴上げ数は 12 踏み板奥行きは 230 とします 次に階段の始まる位置を外壁の内側の線の上で まず適当な位置をクリックして 次にすべての段ができたところで クリックします 一旦このモードは終了して 平面図2階に移動して そして「修正」の「位置合わせ」を使って 床の先端に階段を合わせます 次にこの階段の断面を見ながら 詳細を設定していきます まず断面ビューを作りましょう 作業用の2階ビューに移動して 「表示」の中の「断面」 左側から右に向かって 2点クリックして できた断面ビューの線をクリックして 右クリックの「ビューに移動」にしますと 今できた断面ビューに移動します ここで階段を選択して 「タイプを編集」をクリックします その中の「階段経路のタイプ」 の所をクリックして その右側のここをクリックしますと 詳細の設定ができます 例えば段鼻の長さの所に数値を入れると ここに段鼻ができます そして蹴上げのところの 「斜め」のチェックを入れると 斜めになります 蹴上げのチェックそのものを外すと 蹴上げ板が無くなり 踏み板のチェックを外すと 踏み板も無くなります コンクリートの躯体だけの 階段ができました 次にコンクリートのスラブの厚みの設定ですが 上の方の「構造の奥行き」の所に 150 とあります これがこの階段のスラブ厚さを表しているので 確認してみましょう 一旦この画面を閉じて 「注釈」の「平行寸法」で測ります 150 になっているのが確認できます このレッスンでは 現場打ちのコンクリート階段を どのように作成するのかを解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。