Revit 2016 基本講座

手すりを編集する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、手すりの形状や寸法をどのように変更するのかを解説します。
04:43

字幕

このレッスンでは手すりの形状や寸法を どのように変更するかを解説します 「平面図1階」ビューで「建築」タブの中の― 「手すり」を選択します 「タイプセレクタ」は― 「笠木丸パイプ」にしておきます 始まりから終わりまでを2点クリックして 「モード」を終了します 形状は平面では分からないので 「立面図 南」で― 手すりを見ながら変更してみます 手すりを選択した状態で 「タイプを編集」をクリックします この中の「手すりの構造」を「編集」を 選択すると 「手すり0」と「手すり1」があります これは上の手すりが「手すり0」で 「高さ」が 1100 「オフセット」は平面的な最初に描いた ラインからのズレです 「プロファイル」とは断面形状です どのような手すりの断面なのか ここで選択できます 下の方の手すりは「手すり1」となっていて 「高さ」が床から 380 例えばこの数値を変えてみます 高さが床から 180 ですと下がります 一旦 OK にします 今度は「手すり子の位置」の 「編集」をクリックします 今度は手すり子なので 縦方向の編集ができます 床から立ち上がっている手すり子は この中では― 一番下のこの中の一番下にある― 「下部」が「ホスト」になっている11番で この長い手すり子です それに対してそれ以外の細かな手すり子は 「下部」が「手すり1」 先程の「手すり1」を下部として 上部が「手すり0」 この間手すりとして作るというのが この長い方でない方のいくつか 1,2,3,4,5,6,7,8,9 本あるのが― ここからここまでの手すりを設定しています ですから例えば この「距離」というのが 手すりのピッチなのですが この数値を1つだけ変えてみます そうするとここが 200 になったことが 分かります 又 この手すり子の形状は 「手すり子ファミリ」という ここで選択できますので 色々な断面を選択できます このように様々な設定をすることにより 自在な手すりが作成できます このレッスンでは手すりの形状や寸法を どのように変更するのかを解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。