Revit 2016 基本講座

断面ボックスを作成する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、モデルを色々な方法で切断して内部を見やすくできる断面ボックスについて解説します。
03:33

字幕

このレッスンでは モデルをいろいろな方法で切断して 内部を見やすくできる 断面ボックスについて解説します まず {3D} ビューを開きます このビューは 保存しておいた方が 良いと思いますので {3D} ビューを右クリックして 「ビューを複製」にしておきます そして 複製したものを使います 「プロパティ」 > 「範囲」の 下の方に 「断面ボックス」という欄がありますので ここにチェックを入れると 断面ボックスが現れます これを選択します そうすると 各方向に 「コントロール」が現れますので それをドラッグすると 断面ボックスの形状が変わり 3D モデルが切断されます 水平方向に切ると いわゆるアイソメの表現になります 立面の方向から切ると この様な 縦方向の断面を切ることができます 「断面ボックス」のチェックを外すと 元に戻ります 右上にあるキューブの左上に 小さい「ホーム ビュー」が出ていますけれど ここを右クリックして 出て来る「ビューの向きに」 これも便利な機能です 例えば「断面図:断面 A」にすると すでに設定されている 断面 A を基準にした― 断面が切られます 「平面図:平面図2階」であれば 2階の平面図を基準にした― 断面ボックスが現れます 勿論 これもそれぞれ 断面を移動すれば 元に戻るのですが 一回一回設定する必要がありませんので 非常に早く 指定された断面とか 平面 立面に 移動する様に 断面ボックスの形状を 自動的に作ってくれるので 便利な機能です このレッスンでは モデルをいろいろな方法で切断して 内部を見やすくできる 断面ボックスについて解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。