Revit 2016 基本講座

パースを作成する(外部)

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、建物の外部からみたパースをどのように作成するのかを解説します。
04:22

字幕

このレッスンでは 建物の外部から見たパースを どの様に作成するのかを解説します まず ビューを「平面図1階」から 「配置図」ビューに切り替えます 理由は立つ位置が1階の FL ではなくて 設計 GL にしたいからです 使うコマンドは 「表示」タブ > 「3D ビュー」 > 「カメラ」です まず 立つ位置をクリックします この辺であれば ここでクリックします 2点目は見る方向です 2点目をクリックすると この様にパースがすぐに出来上がりました このビューはどこにできたかと言いますと 「3D ビュー」 > 「3D」 > 「3D ビュー1」という名前で出来ています 少し見え方がおかしいので 調整します この画面をクリックして 出て来る4点の「コントロール」を ドラッグすると 範囲が変更できます ただ 広角になっていくので 不自然になってくるのであれば 立つ位置を変更します どうするかといいますと 先ほどの配置図に戻ると まだ カメラが残っていますが 他の操作をしてしまうと カメラが消えてしまいます そこで どうするかというと この状態で「3D ビュー1」をクリックして 右クリックして 「カメラを表示」にすると出てきます どこまで下げれば良いかは これでは分かりませんので 「3D ビュー1」を 同時に見ながら調整します やり方は このビュー以外を 非表示を一旦 閉じて 「3D ビュー1」をダブルクリックして 「ウィンドウを並べて表示」にします そうすると 同時に見ることができるので こっちのトリミングは外します 先ほどの操作は「3D ビュー1」の 枠をクリックしても カメラは出てきます この状態でカメラのここをドラッグすると 立つ位置が移動します これで 調整ができます また 見る方向は この赤い丸をドラッグすると 方向も変えることができます 三角形の最後の この丸は見える範囲です これを小さくすると 見える範囲が狭くなりますので これは外観の場合は 広くとった方が良いと思います この様にして 外観パースを調整します このレッスンでは 建物の外部から見たパースを どの様に作成するのかを解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。