Revit 2016 基本講座

部屋を配置する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、壁で仕切られた空間に部屋という情報を持たせる方法を解説します。
03:32

字幕

このレッスンでは壁で仕切られた空間に 部屋という情報を持たせる方法を解説します 従来の設計手法では部屋の名前を記入して 終わりでしたが これは BIM ですので 部屋という概念を与える必要があります それを使ってこのあと面積を出したり それを集計したり 或いは各部屋の仕上げ表を作成したり という作業に使います コマンドは「建築」>「部屋」を使います クリックすると マウスを移動すると 壁に囲まれた空間にマウスが行くと そこを部屋にできるという形で 表現されるので クリックすると 部屋の情報を与える事ができます 1部屋 1部屋クリックして行きます 壁で囲まれていない所で クリックすると エラーが出るので この部屋は削除しておきます 「修正」コマンドを押すと 一旦部屋の表現が消えるので 部屋を入力したかどうかが 分かりにくくなります 確認する方法としては マウスを移動していくと 部屋の この十字の所に来ると 選択ができるようになります また タブキーを何回か押すと 部屋を選択する所に行きます 全体を見て把握したいときには 全体をドラッグして選択すると 部屋ができているということが確認できます また 全ての部屋の情報を削除したい場合には このように選択した後 フィルターを使います 「フィルター」をクリックすると カテゴリ毎にその数と同時に 選択が切り替えできるので この場合もし部屋だけを選択したい場合には 全てのチェックを一旦外して 部屋のカテゴリをオンにして OK にします そうすると部屋だけが選択されたので この状態で Delete キーを押すと 部屋の情報がこの1階のビューからは 消えました このレッスンでは壁で仕切られた空間に 部屋という情報を持たせる方法を解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。