Revit 2016 基本講座

ビューグラフィックスの上書きを使う

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、各ビューごとにカテゴリの表現を変えることができるビューグラフィックスの上書きについて解説します。
03:02

字幕

このレッスンでは各ビュー毎に カテゴリの表現を変えることができる 「ビューグラフィックスの上書き」について 解説します 今見ているのは「平面図 1階」という ビューですが このビューの様々な表現について 設定している所が プロパティの中の 「表示 / グラフィックスの上書き」と いう所です ここを「編集」をクリックすると ここにカテゴリが左側に並んでいて 例えば壁とか家具とか床とか柱とか 全てのモデルは どれかのカテゴリに属しています それを表現するかしないかがチェック欄です 「投影 / サーフェス」について どのような線分を使うか パターンを使うか 或いは「切り取り」については どうするかということを ここで設定できます 例えば1階の平面図では 家具が要らないという場合には 「家具」のチェックを外します ここは「表示」をコントロールしているので チェックを外すと表示しない設定になります この状態で一度ビューを確認しましょう OK にすると 家具が非表示になりました もう一度「編集」をします 今度は「壁」の表現で 「切り取り」の「線分」の所を 色を変えてみます 赤にしてみましょう そうすると壁の切り取りですから 平面図で切り取られている 壁の線分の色が赤になっています OK して確認してみましょう これはこのビューだけの設定ですので 他のビューには影響がありません このレッスンでは 各ビュー毎に カテゴリの表現を変えることができる 「ビューグラフィックスの上書き」について 解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。