初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

終わりの処理

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
各処理を適当な所でストップさせ、技の終わりを表現します。
講師:
04:59

字幕

はい、ここまでで殆ど完成なんですが プレビューしてみると、 パワーチャージして1、2の3と ここまではいいんですが この光線がいつまでたっても終わりません。 終わらないままムービーも終わって 戻ってしまいます。 せっかくなのでこのムービーが出切って 技が終わるところまで 表現してみたいなと思います。 ではまず この一番目立っている軌道ですね。 これを適当な所で 終わらせてみたいと思います。 ではまず「軌道」の項目を開けて 「エフェクト」の CC Particle World、この中を開けます。 はい、Particle 系のものですね。 止めるには Birth Rate。 この Particle が出てくる値を どこかで止めてあげれば、0 にしてあげれば いつかこれは消えるという 仕組みになっています。 なので今回は、これを途中で Birth Rate の値をコントロールして 技を止めたいと思います。 ではこの技のストップが始まる所を 8 秒 6 フレームにしようと思います。 ここで Birth Rate の項目に キーフレームオンにします。 これでここが記録されました。 そうしたら時間を進めて 9 フレーム 3 の所に移動して ここで Birth Rate ですね、 0 にしてしまいましょう。 はい、そうするとここから Birth Rate が段々減ってきて スルッとここで終わるといった感じですね。 では技が終わってもまだ 周りの流れる背景が止まっていないので、 こちらの効果も止めましょう。 ではここを一旦畳んで まずはこのノイズの出ている ノイズのスピードラインのレイヤーを開けて 「トランスフォーム」の項目を開けます。 ここに「不透明度」があるのでこれを扱って スピードラインを消していこうと思います。 ではラインの方は少し この光線の終わりとずらして 8 秒 13 フレーム、 ここから始めましょう。 ここでキーフレームをオンにします。 そしてずっと進んで ではこれがなくなった 9 秒 10 フレーム辺りで 完全に透明とします。 それでは同じ要領で その上の調整レイヤーですね。 これも「トランスフォーム」で 「不透明度」オンにして 9 秒 10 フレームで これが透明になるようにします。 調整レイヤーは、 調整レイヤー自体を透明にすると そのエフェクトの効果も一緒になくなります。 これは結構一括で処理できるので便利です。 はい、そんな感じでスピードラインが 出ていたものもなくなっていって 技が収束すると。 こんな感じになりました。 では全体をプレビューして見てみましょう。 技が全部 終わってくると、あとは普通の光景が続くと。 この余韻がなかなかいいものですね。 はいパワーをためて パワーを放って 段々エネルギーが落ちてきて 何事もなかったように 赤ちゃん連れのお母さんが通るというね、 こういうまあ何とも言えないものですが。 はい、どうでしょう。 かなり複雑な工程ではあったんですけれど ただ順を追って真似していただければ 十分できる内容だったと思います。 さあこんな感じで この波動を放つ技ですね。 かなり大掛かりなものですが 皆さんにもきっと作れたと思います。 これはもちろん こうしたムービー、これは何でも結構です、 スマホで撮ったムービーでも ビデオカメラご家庭用の物で 撮った物でも結構ですので、 自分でこのポーズをしてみて ぜひともこの技をはめてみるというのに チャレンジしてみて下さい。

初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

このコースでは、After Effectsで写真やビデオを加工して、テレビや映画のヒーローが使う光線などの技を再現する手順を解説します。After Effectsがまったく初めての方でも最後まで完成できるようにゆっくりわかりやすく進めていきます。また昨今ネットで流行した、周囲にいる人が吹き飛んでいるような画像の簡単な作り方も紹介します。

2時間49分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。