Revit 2016 基本講座

詳細線分を使う

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、ビュー固有の線分である詳細線分の作成方法について解説します。
05:47

字幕

このレッスンでは ビュー固有の線分である― 詳細線分の作成方法について解説します 使うコマンドは「注釈」タブの中の 「詳細 線分」です 線種を― 使う線種をここから選択します そして線を引きます この線の意味ですが これは このビュー固有の線分です ですから同じ1階の平面であっても 違うビューには出て来ません もちろん3次元のモデルとしても― 認識していませんので モデル上にも線は出て来ません あくまでこのビューだけで表現される線― これが詳細線分です 次にこの線の表現ですが 一番元になっている設定は 「管理」> 「その他の設定」>「線種」 という― ここで設定されています それがこのビュー毎に変えたいという時には このビューの 「表示グラフィックスの上書き」の中で 「線分」という項目がありますので この線分の中で― ここでも変更することができます 例えばここで元々は赤い波線なんですが 色を変えることもできます さらに線をクリックして 右クリックの― 「ビューのグラフィックスを上書き」の 「要素別」 これでまた違う色に変更することもできます このような優先順位になっていますので それを知って線分の表現を設定してください 以上 このレッスンでは ビュー固有の線分である 詳細線分の作成方法について解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。