Revit 2016 基本講座

部屋面積を集計する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、部屋の面積を集計して面積表を作成する方法について解説します。
01:41

字幕

このレッスンでは部屋の面積を集計して― 面積表を作成する方法を解説します 使うコマンドは「表示」の中の「集計」の中の― 「集計表 / 数量」 をクリックするか― もしくは「プロジェクトブラウザ」の中の― 「集計表」の所を右クリックし 出てくるメニューの中の 「新しい集計表 / 数量」をクリックします するとどのカテゴリを集計するかと 訊いてくるので 「部屋」を選択します OK その部屋の情報の中からどれを集計するかと 訊いてくるので まず「レベル」そして部屋の「名前」― 「面積」を追加します 一旦これで OK にすると このように各部屋の面積 3つの情報をこれで集計しました そして何階にあるかという― まずレベルを1階が終わってから 2階になるように並べ替えをします 「並べ替えを編集」をクリックして 「レベル」を「昇順」にして OK これで並べ替わりました 次に面積の数値を右揃えにしてみます 「書式の編集」をクリックして 「面積」そして「位置合わせ」を「右」にすると 右に揃います 次に各階ごとに面積を集計します やり方は「並び替え」の所で 「レベル」に「フッタ」を付けて それを「タイトルと合計」にします 全体の「合計」をクリックして これも「タイトルと合計」 更に「書式」の所で「面積」を 「合計を計算」にして OK にすると これで1階の床面積として 各部屋を合計した面積― 更には2階の床面積と― 1階と2階の総合計― 延べ床面積が計算されます 最後にここの名前を変えたいと思います 「レベル」の所は「階」 「名前」の所は「室名」 これで面積表ができました このレッスンでは部屋の面積を集計して― 面積表を作成する方法について解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。