Revit 2016 基本講座

図面枠を作成する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このレッスンでは、固有の図面枠をどのように作成するのかを解説します。
05:47

字幕

このレッスンでは固有の図面枠を どのように作成するのかを解説します 図面枠というのは各シートに配置されている― この枠のことです まず図面枠の特性を理解します 拡大して 例えば この日付の欄ですが この数値はどこで決まっているのかと言うと 「管理」の中の「プロジェクト情報」の中の― 「プロジェクト発行日」の この日付を読み込んでいます ですからここを変えると こちらが変わり また他の図面枠も全て変わります このような特性を持ったものを Revit ではラベルと呼んでいます それに対して左側の「日付」という漢字は 単なる文字です この特徴を理解した上で 図面枠を編集してみましょう 図面枠を選択した後 「ファミリを編集」をクリックします この画面は図面枠というファミリを 編集する画面になっているので 今までのプロジェクトの画面とは 全く違ったメニュー構成になっています この画面で図面枠を修正したり 或いは新しく線を引いたり もしくは CAD データがある場合には 「挿入」で CAD を読み込むこともできます ではラベルを作成してみます 「作成」の中の「ラベル」 右側が普通の文字入力ですが 「ラベル」をクリックして 入力したい位置でクリックすると このようにどの情報を表示するかと 訊いてくるので 例えば「プロジェクト番号」を追加して OK にします この図面枠を名前をつけて保存します 「名前を付けて保存」 「ファミリ」 適宜名前を付けます そして「プロジェクトにロード」します 図面枠を選択して タイプセレクタを開くと ここに今ロードした図面枠が来ているので クリックして切り替えます するとこのように図面枠が入れ替わり そこで ここに作った― プロジェクトの番号を検証しましょう 「管理」の中の「プロジェクト情報」の中の― ここにプロジェクト番号があるので これを変えてみます するとこちらが変わりました 同じように 他を変えたい場合には 他のシートの図面枠を選択して タイプセレクタで入れ替えます するとここにも同じような― プロジェクトの番号が来ます このレッスンでは固有の図面枠を― どのように作成するのかを解説しました

Revit 2016 基本講座

BIMとはコンピュータ上に作成した建築3Dモデルに仕上げや工程、コストなどのさまざまな情報を持たせたシステムです。このコースはでBIMソフトであるAutodeskのRevitを使って、初心者でも体系的な理解が得られるようBIMの概要から通り芯、壁や柱、窓や面積表、パースやアニメ制作まで幅広い内容をわかりやすく学ぶことができます。

5時間14分 (72 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Revit Revit 2016
価格: 3,990
発売日:2015年08月27日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。