はじめてのLinkedIn

他のユーザーを推薦する

無料レッスンを視聴する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
他のユーザーに推薦文を提供しましょう。
講師:
03:57

字幕

このレッスンでは他のユーザーに 推薦状を送る手順をお伝えさせて頂きます 一緒にビジネスをして 非常にスムーズにして頂けた 非常に自分にとって勉強になった という場合に 相手をこの LinkedIn ユーザーに 推薦をするということをする機能です 相手のプロフィールに自分の推薦状が 載ってくるわけですので 相手にとって非常に喜んで頂ける 機能になっています 手順ですが まず自分の右上のアイコン こちらにマウスを合わせていただくと メニューがでます 「プライバシー & 設定」の所に行って 「管理する」ボタンをクリックして下さい この「サインイン」ページに 移動する場合がありますので このまま「サインイン」をクリックして下さい そうすると管理ページに移動しますので 下にスクロールします 「推薦の管理」というボタンがこちらに ありますのでクリックします こちらで「推薦の提供」 をクリックします こちらから「推薦状を提供する人を選択する」 提供する相手の名前を入力します 一部を入力すると このように提案がでますので このままクリックして下さい 見やすいようにしていきますね 「この方との関係を選択してください」 という所で選択 「Hamazaki さんのビジネス関係者 にあたります」 「当時のあなたのポジションを 選択してください」 適当なものを選んでください 相手方のポジションも選んでください 3番の所 推薦状を書くということで この上の欄 これは相手のプロフィールの 欄にも載る推薦状になります ですのでこちらは予め 用意しておくのもいいですし 直接入力して頂くのも良いですし こちらのほうに入力を 推薦文を入れて下さい この推薦状を書いたことによるメッセージ 推薦状を書きましたよ とお知らせするメッセージをこちらに入れます 元々こちらのほうは基本的に初期の段階で メッセージが入っていますが こちらもできれば 改めて書いたほうがいいです 簡単でもいいので一言 お送りさせて頂いたほうが良いと思います 貼り付け この入力がすべて終われば 下の「送信」ボタンをクリックします これで推薦状の送信は完了になります 「提供した推薦」という所を クリックします 今送った推薦状のほうが こちらにでています 基本的には「すべてのユーザーに公開する」 という形になっていますが 「自分のコンタクト」だけにするのか 「公開しない」 推薦しましたよという所だけお伝えするのか ということもここでチェックを入れたら 選択できますので 適宜こちらを選んでください この推薦という操作は 受けるのも送るのも非常に簡単かつ― このプロフィールをより良いものにできる ものになりますので どんどんこれを使って プロフィールを充実させていって下さい このレッスンでは他のユーザーを推薦する 手順をお伝えさせて頂きました

はじめてのLinkedIn

ソーシャルメディアの中でもLinkedInはビジネス活用に特化したSNSです。学生の就職活動や企業の採用活動、ビジネスパートナー探しから企業同士の提携まで、LinkedInはビジネスの各場面でさまざまに活用されています。このコースではプロフィールの書き方や操作方法のほか、スキルの登録やグループ機能の活用、モバイルアプリの使い方などについて解説します。

2時間58分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
無料コース
発売日:2015年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。