はじめてのLinkedIn

プロフィール閲覧ユーザー機能の使い方

無料レッスンを視聴する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
自身のプロフィールを閲覧しているユーザーをチェックし、新たなネットワークを構築しましょう。
講師:
02:40

字幕

このレッスンでは プロフィールを閲覧したユーザーという機能が LinkedIn にはあるのですが そちらの 機能の使い方を伝えさせていただきます LinkedIn のホーム画面には この欄に― 「過去90日間にあなたのプロフィールを 閲覧した人は2人います」 と表示されています ここに自分のプロフィールであるとか スキルであるとか というのを― 閲覧したユーザーが表示されます こちらをクリックしてみます そうするとプロフィールを閲覧したユーザーが このように表示されます こちらで繋がっている人 繋がってない人 いずれでも ここからメッセージを 送ることができます 自分が採用担当者であれば 自社に興味を持ってくれる人かもしれないsi ビジネスの情報をあなたが 展開しているとすれば あなたのビジネスに興味のある人かも しれません なのでここからメッセージを送ってみて なんらかのアプローチをとる― ということもできるわけです ここの機能の中に ちょっと上に戻ります 「プロフィール閲覧ランキング」 というのがあります これは繋がりの中で閲覧された人が 多ければ多い程ランキングが上に来る― というものなのですが ちょっとクリックしてみます 設定によってはこのランキング機能が 使えない場合がありますので この黄色い帯がでた時は こちら 「設定を変更する」をクリックして下さい そうすると このランキング ちょっとこれは消します ランキング機能の ON/OFF 切り替え というのがあって 今 OFF になっています なのでここにチェックを入れて 「保存」をクリックします そしてもう一度「ホーム」に戻って 「プロフィール閲覧しました」 をクリック そして「プロフィール閲覧ランキング」 をクリック― するとランキングが’見れるわけです このアカウントの場合 まだ蓄積された データが少ないので こういうふうに表示されるのですが どんどん繋がりが増えていきながら 他の人と交流をしながら 自分のプロフィール自体も見られるように なれば ここのランキングに上がってきます ここで如何に自分が色々な人に 見られているかをチェックしながら LinkedIn を活用していただければ と思います このレッスンでは プロフィール閲覧ユーザー 機能の使い方をお伝えさせて頂きました

はじめてのLinkedIn

ソーシャルメディアの中でもLinkedInはビジネス活用に特化したSNSです。学生の就職活動や企業の採用活動、ビジネスパートナー探しから企業同士の提携まで、LinkedInはビジネスの各場面でさまざまに活用されています。このコースではプロフィールの書き方や操作方法のほか、スキルの登録やグループ機能の活用、モバイルアプリの使い方などについて解説します。

2時間58分 (43 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
無料コース
発売日:2015年08月31日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。