初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

地面にヒビを入れる

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
「色の変更」で芝生の色を変え「シャター」で地面にヒビを入れる演出をします。
講師:
07:14

字幕

さあ それでも この停止してあるこの画像ですね エフェクトを使って 加工して行こうと思います まず この写真 いかにもこの芝生ですとか いい天気で平和な感じの写真ですが ちょっとですね 物々しい雰囲気に 直してみようと思います では こんなエフェクトを使ってみましょう では レイヤーを右クリックして 「エフェクト」 「カラー補正」から 「他のカラーへ変更」というのを選びます さあ そうして 「変更するカラー」というところですが ここ 色を設定するんですが 色を設定する類のエフェクトなんですね これをクリックすると この色の設定が出てきますが 隣に スポイトの 印があるものは これをクリックすると このように ツールがスポイトに変化します これで 画面上のどこかの 色を吸い取る クリックして吸い取るとそれが自動的に 設定されるという 便利なツールとなっています では これを持って行って この部分を見ていると このスポイトのアップですね これが見えます じゃ これぐらいの緑のところを とってみます そうすると 選んだ緑の部分が 何やら枯草のように赤くなってしまいました 何かちょっと不穏な空気ですね これで色素というところを変えていくと このような形で 非常に和だった緑の芝生の公演が一気に 何か物々しい感じの赤く染まった広場に 変わってしまいました ちょっといかにも バトルっぽい感じがしてきましたね さあ それではこの絵をですね もうちょい加工して ちょっと コントラストをあげてみましょう では 右クリックして 「カラー補正」の 「輝度&コントラスト」 これを選びます そうしたら コントラストを上げて行って 20 にしましょう そうすると だいぶ 引き締まった感じになりましたね ちょっと明るさも落として マイナス 5 ぐらいにすると こんな感じで これが和だった写真が ちょっとメリハリも出て 何か非現実的な写真になりました では またちょっと 面白い効果を入れてみようと思います さっきですね 前の動画でちょっとだけ使ったんですが 面白いエフェクトがあるので 使ってみようと思います では 今度は調整レイヤーを使います 調整レイヤーを この jump.mp4 の上に持ってきて 調整レイヤーを ON にします さあ そして ここに対して 「エフェクト」の「シミュレーション」から 「シャター」というものを選びます そうすると 画面が書き換わって こんなんなってしまいました これですね シャターというのは ちょっと処理が重いので この シミュレーションした ワイヤーフレームというので表示される ようになってるんですが ここの「表示」というところを 「レンダリング」とすると 実際の画像に戻ります これはですね さっきもちょっとやりましたが このように 画像が バラバラのパーツのようになって 散らばってしまうという ちょっと過激なエフェクトなんですね では これを応用して 地面が ズシンとパンチしたので 割れたような 雰囲気を作ってみようと思います まず シャターですね これは 時間を進めないと効果がないので ちょっと進めましょう 1 2 3 コマぐらいですかね 今なんですけど このレンガが崩れたような 感じなので 「シェイプ」というところがあります そして 「パターン」のところで 「ガラス」というのを選ぶと もっとランダムに砕けたような 感じがしてきます そしたら破片がちょっと大きいので 繰り返しのところを 24 に設定します ひびがちょっと 細かくなりましたね そして 「原点」というところ これの縦位置を 620 にしてみましょう そして 「押し出す深さ」 これを 0.65 としてみます そうすると この辺の地面が いい具合に崩れました ただ 他も全部割れてしまってますね 地面だけ割りたいので ちょっと1つ 別のテクニックを使います それでは 調整レイヤーを選んだ状態で 上のツールですね このツールから四角形のところを クリックしたままにすると 色んな形が出てきます この中から 「楕円形ツール」というのを 選んで こちらに来ます そしたら 画面のこの中央のあたりですね このあたりを このあたりから ドラッグして 引っ張ってきてください すると 周りの効果はなくなりましたね そして この円がですね このパンチしてるところの 周りぐらいに来るように 描いてあげて離します そうすると この円の外は ひびはなくなって 円の中だけが割れるようになりました これは「マスク」という効果でして 「マスク1」というのが出来ています この形のツールで 形を描くと その中だけに エフェクトの効果がかかる 「マスク」という効果が使えます そして 今よく見てみると 手のところも 埋まってしまってるので このポイントを動かしてあげると 範囲を調整できるので 手のちょっと下ぐらいから ずっと割れているという形に 調整できます さあ そして この周囲がですね いきなり割れてるので もう少し自然にしたい場合には マスクの中は空けて 境界の 「マスクの境界のぼかし」という ところがあるので これを少しだけかけてあげると ここのところ エッジのところですね グラデーションになって 自然に割れてる方に繋がりますので この通り 地面に穴が ここだけボッカリ空いてしまいました さあ これでちょっと調整レイヤーを ON OFF してみると 色とかだけじゃなく こんなとこまで After Effects を使うと出来てしまいます さあ この後もどんどん 加工を加えて行こうと思います

初心者でもできる!After Effectsで作る「必殺ワザ」​講座

このコースでは、After Effectsで写真やビデオを加工して、テレビや映画のヒーローが使う光線などの技を再現する手順を解説します。After Effectsがまったく初めての方でも最後まで完成できるようにゆっくりわかりやすく進めていきます。また昨今ネットで流行した、周囲にいる人が吹き飛んでいるような画像の簡単な作り方も紹介します。

2時間49分 (29 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
価格: 2,990
発売日:2014年01月15日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。