Audition CC 基本講座

音とは何か? 〜音の3大要素〜

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
そもそも、我々が聴いている「音」とは何であるか?という内容を、スライドを交えながら詳細に解説します。
講師:
07:10

字幕

このレッスンでは— そもそも音とは何であるかについて解説します これは音が聞こえる メカニズムを解説したものです どんな音にも必ず発生源があります たとえば目覚まし時計は このベルの部分を— ハンマーが時間になると叩いて 振動が発生します このように衝突などにより— 振動が発生することが 必ず源としてあります 発生した振動は— 空気を介してこのように伝わっていきます ですから真空の宇宙では音は聞こえません 必ず空気など振動を媒介するものが必要です 伝わってきた振動は ウサギも人間も同じように— 耳に到達します 耳の中には鼓膜という膜があって— そこに振動が伝わって来ると— 鼓膜から脳に音が来たという指令が行き— 音が聞こえたと認識されます 音とは空気中を伝わってきた振動を— 耳(鼓膜)でキャッチして— 脳で認識されたもの— それが音となります 空気中を伝わってくるとき— 音は波として伝わってきます ですから音のことを「音波」とも呼びます このように目に見える形にしますと 波の形で空気中を伝わってきます それが音の正体です では コンピューター上や録音装置などで— 音を扱うとはどういうことなのか まず「録音」とはどういうことか 先程と同じように目覚まし時計が鳴って— 音波が伝わってきました 先程は耳(鼓膜)で受けていましたが— ここではマイクになっています マイクも鼓膜と似た構造を持っていて— マイクの中には振動を感知する部分があります そこで振動を感知すると— この波を電気信号に変換して— 色々なものに記録します 昔はカセットテープがありました 今は例えばデジタル的に ハードディスクに録音したり— メモリーに記録したり— それらを CD にプレスしたり— 様々な形でデータとして記録します まとめると 録音は音波をマイクで受けて— 電気信号に変換して— 様々なメディア上に記録する 行為のことを指します 「音の編集」とは何かというと— メディアの中に記録された音波を— 加工することが「音の編集」です 録音した音は「再生」しないと聞こえません メディア上に記録されている音波は— また実際の空気の振動に変換されます そこで使うのがスピーカーです スピーカーはマイクと構造が逆になっていて— メディアの中に記録されている音波を— このスピーカーが震えることによって— 再び空気の振動に戻します そして音波となったものは— スピーカーから空気を伝わって— 鼓膜に届いて音として認識されるという 構造になっています これが録音から再生までのプロセスです 音には「音の3大要素」というものがあります 「音量」と「音程」と「音色」の 3つの要素です ではそれぞれ見ていきましょう まず音量というのは いわゆるボリュームです 例えば私の声だと— 小さい声 ささやくような声と— 少し大きい声— ボリュームの大小が音量です それが波の上でどうなっているかというと— この波の上下の幅が小さいと小さい音— 震え方が大きいと大きい音になります これが音量です 次に音程です つまりピッチのことです ピアノの鍵盤で例えると— 右の方の鍵盤(高い音)は細かい波で— 波が細かくなるほど音程が高くなります 逆にピアノの左の方の鍵盤(低い音)は— このように波が大きな幅広い波です 1つ1つの周期が細かいほど高い音になり— 大きいほど音程が低くなるという 構造になっています もう一つは音色です 「ねいろ」とも読みますが この場合は「おんしょく」と読みます 音色とは声のキャラクターです 同じボリュームで 同じ音程でも— 例えば人間の声でも 一人一人キャラクターが違います そのキャラクターは どこから出ているかというと— この波の形です 周期が同じであれば同じ音程になりますが— こんな丸い波と— このように尖っている波では— 全く音のキャラクターが違ってきます このようなグチャグチャな波になると— さらに複雑な音になります このように波の形でキャラクターが決まります この音量 音程 音色という3大要素ですが— どんな音であっても この3つの要素に— 分解することができます 音の編集とはつまり この音量 音程 音色のいずれか— またはそのいくつかを 変更する行為と言えます これから Audition の操作を 行っていきますが— どの操作もたいてい音量か音程か音色の— どれかに関わってきます ですから今どの要素を コントロールしているかを意識しておくと— 覚えやすくなります この Adobe Audition は 3大要素を中心とした— 音を様々に変化させるための 道具箱のようなソフトです ぜひ音とは何なのか 根本的なところを捉えた上で— さらに先の項目にチャレンジしてください

Audition CC 基本講座

Adobe Auditionはさまざまなオーディオ素材を高品質のままで編集・録音できるソフトです。このコースではAuditionの音声加工スキルを身に付けます。デジタルオーディオの基礎的な知識からノイズの除去や音量を整える方法、ビデオのオーディオトラックの加工のし方やエフェクトのかけ方、またファイル形式の変換までいろいろなテクニックを学ぶことができます。

4時間56分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Audition Audition CC 2015
価格: 2,990
発売日:2015年09月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。