Audition CC 基本講座

Auditionはどんなツール?

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Adobe Auditionとはどんな内容の左表が行えるツールであるか?という事の概要について解説します。
講師:
06:39

字幕

このレッスンでは Audition の 概要について解説します Audition を一言で表すと オーディオ― 音声の編集や録音が総合的に行えるソフトです 今 Audition が立ち上がっていてその中に オーディオのファイルが開かれています これを再生してみましょう (音楽ファイルの音) このような音楽のファイルが 今 立ち上がっています こうした音声のファイルを Audition で開くと― このボリュームの変化を表す波形ですとか― この下のカラフルな表示は音声の中の 周波数を表すスペクトルという表示です こうした視覚的な形で表示することができます そしてこれが時間の流れになっていますけど 自由にクリックするだけで― (音楽ファイルの音) 位置を大きく飛ばせるので 再生も通常のプレイヤーのソフト等より― 非常に軽快に行うことができます 例えば音楽の素材等のどこから使おうか というのを素早く― (音楽ファイルの音) 中を確認して決める ということもできます もちろん聞くだけでなく部分的に選択して 例えば Del キーを押すと― 不要な部分を削除したり または― こんな簡単な操作でフェードアウト こうしたボリュームの変化を作ったり― こうした操作を簡単に取り消して やり直したり― こういったことが行えます 先程のフェード以外にも 部分的に選択してボリュームを変化させる― そういったことが 非常に手軽に行えますので― オーディオの内容を発想の赴くままに自由に 変更していくことが可能となっています またこうしたボリュームだけでなく 様々なエフェクトが付属しています 非常にたくさんのエフェクトが 付属していまして― 例えば今この音楽は― (音楽ファイルの音) こんなサウンドですけど これにエフェクトを何かかけてみましょう 例えば「イコライザ」をかけてみますと― このような専用のエフェクトの 画面が出てきて― プリセットもついているので適用してみると― (音楽ファイルの音) これがエフェクトの適用後ですね この適用前と後なんですが その比較なんかも― (音楽ファイルの音) 非常に手軽にできるので― ボリュームに加えて様々な内容を 編集していくことが可能となっています 今までご覧いただいたこれはずっと 波形データという― 単一のオーディオのファイルを編集する モードだったのですが― もう1つ マルチトラックというモードも入っています ではマルチトラックに切り替えてみましょう マルチトラックにすると― さっきは一本のオーディオだけでしたが 今度は複数のオーディオを並べて作業できます 再生してみると― (音楽ファイルの音) 今のはさっきの音楽に加えて鳥の鳴き声 これがバラバラの素材だったものを― 一遍に再生してミックスしています バラバラの素材なのでそれぞれ― (音楽ファイルの音) 個別に消したり 片方だけ― (音楽ファイルの音) 出してあげたりと こういった出し方も行えます またこちらにビデオが再生されていますが― このようにビデオの素材を読み込んであります Audition の中でビデオの切り貼りは できないですが― このようにプレビュー用の映像を立ち上げて 映像に音を付ける作業― MA 作業なんかを行うこともできます マルチトラックのエディタでは この波形表示のほかに― こうしたミキサーの表示もあるので― (音楽ファイルの音) それぞれ個別のボリュームを フェーダーで操作したりですとか― (音楽ファイルの音) こういった形です これを上げ下げすると― (音楽ファイルの音) このように直感的に操作させることができます 更にこうした操作はオートメーションとして 記録できるので― 一遍にはマウスで一個ずつしか触れなくても 何十トラックもある場合でも― 非常に動きのある 編集を行うことができます そして Auditon は単体でオーディオの 編集を行うだけでなく― ビデオ編集ソフト Premiere Pro 等との 連携も非常に密接になっています では画面を Premiere Proに 切り替えます 今 Premiere Pro の画面に 切り替わりました この中に今ビデオが一本だけ 立ち上がっているので― これを例えばこうした 「Adobe Audition でクリップを編集」― こうしたコマンドを使うと― こちら Audition の方に― さっき Premiere の方に立ち上がっていた ビデオの音声を呼び出しました こういった立ち上げたものを― Auditon 側で編集を行って― それをすぐに Premiere 側に 反映させるといった― 相互にやり取りして作業することができます このように単体のオーディオファイルから ビデオに付属した音声まで― 非常に柔軟に扱える仕様となっています そして編集した結果は様々なオーディオの ファイル形式に書き出すこともできますので― オーディオに関する作業ほとんどの所は これ一本で済むようになっています 1つ注意点として Audition なのですが 音楽自体を― シンセサイザー等を使って所謂 打ち込みで作っていく機能は備わっていません あくまで録音だけなので― 例えば生の楽器演奏等を 録音することはできますが― そのような音楽制作器は備わっていない それは別のものを使う必要があります ただそれ以外のオーディオの編集は かなり広範囲 高性能に行えるので― 是非とも Audition の様々なテクニックを 身に着けていただきたいな と思います

Audition CC 基本講座

Adobe Auditionはさまざまなオーディオ素材を高品質のままで編集・録音できるソフトです。このコースではAuditionの音声加工スキルを身に付けます。デジタルオーディオの基礎的な知識からノイズの除去や音量を整える方法、ビデオのオーディオトラックの加工のし方やエフェクトのかけ方、またファイル形式の変換までいろいろなテクニックを学ぶことができます。

4時間56分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Audition Audition CC 2015
価格: 2,990
発売日:2015年09月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。