Audition CC 基本講座

あなたのオーディオ環境をチェック

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
このコースを正しく学習するには、ビデオの音声が正しく再生されている必要があります。ビデオ、及びAuditionが正しく再生されているかをチェックします。
講師:
06:20

字幕

このレッスンではみなさんの オーディオ環境のチェックを行います レッスンを進めるにあたって みなさんのオーディオ環境が― 正しくセットされていないと 結果が正しく伝わらないので― まずそのチェックを行ってみましょう このテストですが2段構えになっています まず今ご覧いただいているこのビデオの― 再生音を聞いていただくことで このレッスンをみているパソコンや― モバイルデバイスのオーディオ環境が 正しく再生できる状態になっているか― そのチェックを行います 例を正しく聞いていただくことによって 同じようにやっていただくので― まずこのビデオが正しく再生されているか もう1つはチェックに使うのと同じファイルが アセットの中に入ってますので― みなさんが Audition を使う環境の オーディオ設定が適切かどうか― それをチェックしていただききます 2段階になっているので このレッスンのビデオを見ている環境と― そして Audition 自体の リスニング環境の― それぞれが適切かを判断してください それではまずステレオのチェックから行きましょう ちゃんと左右にステレオが出るかをチェックします test L.wav というサンプルファイルがあります これはステレオの左側だけから― テストトーンが出るようになっています では再生します (ビデオの音) いかがでしょうか 今ご覧の環境で スピーカーまたはヘッドフォンの― 左側からだけ音声が出ていれば正常です (ビデオの音) これが右側から出ていると 多分スピーカーの接続が逆だったり― ヘッドフォンを左右逆にかけていたり 正しくない状態になっています これが― (ビデオの音) 左から再生される状態として下さい 同じファイルを Audition でも開いて Audition の再生環境で― (ビデオの音) これがちゃんと左から出るか チェックしてください 同じように― Test R.wav というファイルもあるので― こちらも開くと これは逆です 今度は右だけ― (ビデオの音) テストトーンが出ていますので― 今ご覧のビデオで右からだけ音が出ているか― (ビデオの音) 逆転してないかチェックして下さい Audition のほうでもこの Test R.wav のファイルを再生すると― (ビデオの音) スピーカーもしくはヘッドフォンの右からだけ 音声が出るかどうかをチェックして下さい これでステレオの 左右のチェックが終わったら― 次は高音と低音の再生チェックを行います 例えばノートパソコンやスマホの 内蔵スピーカーは― オーディオの帯域が広く再生されずに 狭い帯域でしか出ないものがあるので― このレッスンの中のサンプルが 正しく認識していただけない可能性があります そこでこれから再生する音 二種類流しますが― それらがきちんと聞こえる環境かどうかを チェックしてください それらが聞こえれば概ねこちらの伝えたい 音声内容が伝わる環境ということができます まず低音サンプルを流します テスト信号を一回流してみます (ビデオの音) かなり低い「ボォー」という音が 流れているのですが (ビデオの音) これが聞こえないという環境の方― 今このビデオを見ているパソコンの スピーカーからは― (ビデオの音) これが聞こえない場合には このレッスンの中のサンプル音声が― 正しい状態で聴けない可能性があります ちゃんとこの― (ビデオの音) 低音の信号が聞こえるスピーカーや ヘッドフォンを使って聞いて下さい (ビデオの音) これはもしかするとノートパソコンの 内蔵スピーカーやスマホのスピーカーだと― ちょっと聞こえづらいかもしれません かなりはっきり聞こえるはずなので (ビデオの音) これが再生できる環境で このレッスンを聞いて下さい では今度は Test Hi.wav ですね 高音のほうを再生します (ビデオの音) 今度はかなり高いテストトーンですね (ビデオの音) ちょっとチリチリした― (ビデオの音) 高音が出ています これが聞こえない環境の方もやはり スピーカーの性能が良くない場合があります (ビデオの音) これですが 高音というのは― 年齢などで聞こえ方に差がでたりもしますが― 大体のケースで― (ビデオの音) 大体の方が聞き取って頂けるレベルの 高音の音声ですので― これがほとんど音声として聞こえない 例えば再生した直後にぷつっと音がするけれど それ以降わからないという環境の場合― (ビデオの音) その場合は音がこもりすぎですので このレッスンを聞いていただいたり― または Auditon で作業を行うのに 適していない環境ということができます ちゃんと聞こえるでしょうか (ビデオの音) これですね 今再生してるこのビデオ及び この test Hi.wav ですね これでチェックして下さい もう一回全体やってみましょう ではまず左側のスピーカーもしくは ヘッドフォンから音が出ているか (ビデオの音) 右側から出てくるか (ビデオの音) 低音が聞こえるか (ビデオの音) 高音が聞こえるか (ビデオの音) これが このレッスンの再生環境― および Audition の使用環境の― 両方で全部クリアできるように セッティングを行ってください

Audition CC 基本講座

Adobe Auditionはさまざまなオーディオ素材を高品質のままで編集・録音できるソフトです。このコースではAuditionの音声加工スキルを身に付けます。デジタルオーディオの基礎的な知識からノイズの除去や音量を整える方法、ビデオのオーディオトラックの加工のし方やエフェクトのかけ方、またファイル形式の変換までいろいろなテクニックを学ぶことができます。

4時間56分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Audition Audition CC 2015
価格: 2,990
発売日:2015年09月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。