Audition CC 基本講座

時間表示と単位の変更

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
大きなカウンターなど時間表示に関するパネルの表示と、時間単位の扱いについて解説します。
講師:
06:41

字幕

このレッスンでは 時間の表示に関する 切替について解説します Audition は もちろん音声なので 時間の流れに沿って編集作業を行います マルチトラックで再生すると— この部分を見てください 時間が表示されて進んでいます 上の部分にも今何秒目だという 目盛りが付いています こういった所は適宜 作業の内容などにより 変えることができます この時間表示は小さくて見づらいので— 今どの辺の時間位置を操作しているか 分かりやすくするためには— このカウンタは ちょっと大きいのが欲しいので— ウィンドウ メニューの 時間 を実行します するとこのように大きい時間表示が出てきます 内容は同じで— 移動すると変化します 再生していると ここが秒だというのは分かりますね その左隣は分です 分・秒と来て— こちらの激しく変わっている部分は— 1000 になると1秒繰り上がるので— これはミリ秒です 分・秒・ミリ秒という流れになっています これは作業に応じて変えることができます これを変えるときは トラック上部に目盛りがありますが— この部分を右クリックすると 時間表示 というのがあるので— ここで切り替えることができます 今 デシマル と出ているのが— ミリ秒が含まれた単位です これを例えば— この SMPTE 29.97 fps など— ビデオ編集のフレーム数に 合わせたものに変えてみると— 変わりましたね 表示が変わってこんな感じになりました これを見ると— ここに秒があります こちらが分です ここに時間も加わりました 時・分・秒となって— こちら 先程はミリ秒だったのが 2桁になりました これはフレーム数です オーディオはミリ秒のような 細かい単位でも編集しますが— ビデオは約30コマとか24コマとか 60コマとか— それぐらいで1秒になっています そのフレーム数(コマ数)が このフレームの部分なので— これは例えばビデオの音声を 編集するときなどは— そのビデオの持っている フレーム数に合わせておくと— フレーム数の流れにぴったり合わせて 音声を編集することができます その下の サンプル というものにすると— とても大きな数字が出てきました これはデジタルオーディオの サンプル数というものです デジタルオーディオは信号を 非常に細かい時間単位で区切って— データにしていますが— たとえば CD と同じ 44.1 kHz というものは— 1秒間に 44,100 サンプルという— 単位に音声を分けて記録しています この大きい数字は その数字です ですから例えばそのサンプルレートが 44.1 kHz という場合には— これが 44000 ぐらいだと だいたい1秒ぐらいになっています これがデジタルオーディオの扱える— 最も小さな単位の数字なので— 非常に細かい精度で編集を行いたいときなどは— この表示を使うというケースもあります ではその下の 小節と拍 というのがあります ここまでは時間とかデジタルの単位でしたが— これは音楽的な単位です 小節と拍 に切り替えてみると— もうちょっと拡大してみましょう こんな風に— 3 4 5 6 7 と出ていますが— これが小節数です 1小節 2小節 3小節 4小節 その中の細かい区切りは拍です 1-2-3-4 1-2... と進んでいく 1つずつの拍になっています 小節と拍の長さはテンポによって変化します 小節と拍の表示にしたときの 一番こちら側には— いま 120.0 bpm と出ていますが— bpm というのは beat per minute という単位で— これが音楽のテンポを表します 時間表示 の一番下に テンポの編集 というのがあるので— これを開けると— テンポ がいくつかを設定するのと— 拍子が 4/4 拍子と 3/4 拍子では 数え方が違います 4/4 だと4つですが 3/4 にするとー 3拍で1小節です そのように音楽の内容によって変化します こんな感じで— 音楽の PV などを ぴったり 時間に合わせて編集したいときには— このように音楽的な単位にしておいて 編集するのも一つの方法です また これをやっているとき— ここに メトロノームを切り替え というのがあるので— これをクリックします そして再生してみると— (メトロノームの音) こんな感じでメトロノームを 鳴らすことができます テンポに合わせた速さになるので— 例えば楽器の演奏などを— (メトロノームの音) このメトロノームの速さに合わせて— 録音していくことも可能となっています このように Audition には非常に様々な 時間単位の設定があるので— ぜひとも行う作業に最適なもの 一番見やすいものに 切り替えて使ってください

Audition CC 基本講座

Adobe Auditionはさまざまなオーディオ素材を高品質のままで編集・録音できるソフトです。このコースではAuditionの音声加工スキルを身に付けます。デジタルオーディオの基礎的な知識からノイズの除去や音量を整える方法、ビデオのオーディオトラックの加工のし方やエフェクトのかけ方、またファイル形式の変換までいろいろなテクニックを学ぶことができます。

4時間56分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Audition Audition CC 2015
価格: 2,990
発売日:2015年09月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。