Audition CC 基本講座

ミキサーで音量を調整する

全333コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
複数の音声信号を入力して混ぜ、最終的に一つのオーディオに出力するミキサーで音量を調整する手順を解説します。
講師:
05:42

字幕

このレッスンでは ミキサーでの 音量調整について解説します マルチトラックのモードです このトラックのヘッダーの部分に加えて― ミキサーの方でも音量の調整ができます それでは 一回 再生しましょう (音楽) 今はこんな音楽が流れています 音楽が流れているトラックは このレベルメーターが反応します (音楽) こんな感じです そして ここの縦の フェーダーを動かすと― ボリュームが変わります このフェーダーの単位に注目してください 今は何もいじっていない状態ですが フェーダーは 0 (ゼロ)の所にあります これはオーディオに慣れていない方は あまり見たことが無いと思います ここに「 db 」と書いてありますが― db と書いて 「デシベル」という単位で表されています これが通常の数値だと 一番下が 0 で 一番上が― 127 などに なることが多いと思います オーディオの場合はこの db で表して 0 db が基準値になります このフェーダーのボリュームが 0 db になっていると― 元の素材が持っているボリュームが そのまま変更されずに出てきます 今 このトラック1のフェーダーと それがまとめられたこの出口の― マスターのフェーダーが両方共 0 db になっているので― (音楽) 最終的に元の素材を持っているボリューム そのものが出力されるようになっています これは元々持っているボリュームよりも 下げると― (小さい音の音楽) 音量が下がります その場合には 0 から下がっているので - (マイナス)の単位になっています ここを見ると db が数値表示されています -22.6 db になっています 下げると 0 から - (マイナス)になります なので 勿論 0 よりも上に持っていくと プラスになります プラスの 3.5 と― (音楽) いうことになります これは注意点があります デジタルのオーディオでは トータルで 0 db を超える音量の― 信号が出て来ると ひどく音がひずむことがあります なので これが 0 を越えないように しなければならないので― 0 よりも上にフェーダー を 持っていくことは― 元の素材よりも音量を上げるということです 0 よりも上に持っていくと― 元の素材がひずむギリギリまでの 音量を持っていた場合には― レベルをオーバーしてしまう危険があります これが 0 の状態ならば 一本のトラックであれば― 音量オーバーは絶対にしないので そこのところです 0 よりも上に持っていくと 音量オーバーのリスクがあることを― 覚えておいてください ここのフェーダーですが マウスのドラッグでも動きますし― ホイールの回転でも動きます 下げていって― デシベルの場合 下げ切ると 0 はここなので― -∞ (マイナス無限大)という 表示になります そして この数字の部分は ドラッグしても変えられますし― 例えばここに数字を入れれば― その数字に合わせることもできます さっき言ったように 0 db と言うのは 結構 大事な数字になるので― その状態に戻す時は 数値入力するという手もありますが― もっと簡単な方法があります このフェーダーのつまみを 右クリックするとゼロとあるので これをクリックするとこんな形で 丁度 0 に合います こうやって各トラックの ボリュームを変えていきます これらが全部ミックスされて出て来るのが このマスターの部分です マスターも同じようなフェーダーがあります この マスターのフェーダーは 原則として動かしません 例えば 音が大きすぎる / 小さすぎる時は― この マスターの手前で 下げたり上げたりして― マスターを変えないのが ミキシングの基本的なセオリーです 全体をフェードアウトさせる時など 例外もありますが― 少なくとも このマスターを 0 よりも上げることは― ほとんどしないと思ってください 原則 このマスターを触らずに 各トラックの手前の方で― 音量調整してバランスを取っていきます フェーダーは慣れてくると― トラック間のボリュームの差が 分かりやすいです 例えば こっちのヘッダーでも ボリューム調整できますが こっちにあるのは このノブです これだと 今 一番大きいボリュームがどこか 分かり辛いです よく見ると分かりますが なかなか判断し辛いです ミキサーは横並びで すぐに分かりやすいので― どこのトラックがどれくらいのボリュームか 瞬時に判断できます 非常に便利ですので ミキサーをぜひ活用してください

Audition CC 基本講座

Adobe Auditionはさまざまなオーディオ素材を高品質のままで編集・録音できるソフトです。このコースではAuditionの音声加工スキルを身に付けます。デジタルオーディオの基礎的な知識からノイズの除去や音量を整える方法、ビデオのオーディオトラックの加工のし方やエフェクトのかけ方、またファイル形式の変換までいろいろなテクニックを学ぶことができます。

4時間56分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Audition Audition CC 2015
価格: 2,990
発売日:2015年09月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。