Audition CC 基本講座

波形に直接エフェクトを適用する

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
波形編集モードにおいて、波形に対して直接エフェクトを適用するための機能について解説します。
講師:
06:28

字幕

このレッスンでは オーディオファイルに 直接 エフェクトをかける手順を解説します Audition には様々なエフェクトが 搭載されています いくつか エフェクトのかけかたに 種類があります その中で一番シンプルで分かりやすいのが― オーディオファイルに 直接 エフェクトをかける方法です 早速やってみましょう 今 オーディオファイルが開かれて 波形エディタが立ち上がっている状態です 一回 聞いてみましょう (オーディオの音声) エフェクトの効果をテストしています (インストラクタ―) この様なアナウンスの音声が入っています 今のこれは― (オーディオの音声)エフェクトの効果を (インストラクタ―)響いてないです マイクのすぐ傍の声みたいです これに残響を付けてみましょう 分かりやすいものでテストします エフェクトをかける時は エフェクト のメニューです この中にいろいろなエフェクトが入っています そして リバーブ です リバーブ とは残響を付けるエフェクトです その中にも沢山ありますが コンボリューションリバーブ を― 選んでみましょう そうしたら プリセットが沢山入っているので ここで何かを選んでみましょう バックステージ を選んでみます エフェクトをかける時ですが エフェクトを選択すると― 細かな設定画面が出てきます 自分でこのパラメーターを 変えても良いですし― プリセット を選んでも OK です この状態で 最終結果はどうなるでしょう? それは ここの部分に― プレビュー再生があるので― これをクリックすると 最終結果が どんな感じになるのか聞くことができます やってみましょう プレビュー再生を始めると― (残響効果オンのオーディオの音声) エフェクトの効果をテストしています (インストラクター) この様に残響が付いています こんな形で最終形がどうなるか確認できます 範囲内を何回も繰り返し聞きたい場合は― この ループ切り替えを オンにしておきます (残響効果オンのオーディオの音声) エフェクトの効果をテストしています (残響効果オンのオーディオの音声) エフェクトの効果をテストしています (インストラクター)こんな感じに ループさせながら聞くことができます そして エフェクトがかかる前と 比較しながら聞きたい場合は― この パワー状態の切り替えを クリックする度に― エフェクトのオン / オフが切り替わるので そこで判断します やってみましょう (残響オンのオーディオの音声) エフェクトの効果を― (オフのオーディオの音声) テストしています (オンの音声) エフェクト― (オフの音声) の効果をテストし― (オンの音声) ています (オンの音声) エフェクト― (オフ) の効果― (オン) をテスト― (オフ) してい (オン) ます (インストラクター)どうでしょう? この緑のボタンがオンになった時だけ― エフェクトの効果が かかっているのが分かります こんな感じで適宜 変えていきます そして 良いと思える効果ができたら 適用 のボタンをクリックすると― 波形の形が変わりました これを再生してみると (残響オンのオーディオの音声) エフェクトの効果をテストしています (インストラクター) この様に効果をつけることができます この方法だと 波形の形が直に変わるので 取り消したい時には― 編集 の 取り消し です または Windows の方は Ctrl Mac の方は COMMAND を押しながら― z を押すと 戻せます この時に もう1回 同じエフェクトをかけてみます 同じものを開くと同じ設定が開きます 適用すると波形の形が変わるのですが これが最終的にどうなるかというと― 音はここで聞けます (残響効果オンのオーディオの音声) エフェクトの効果をテストしています (インストラクター)この波形が どんな感じになるかチェックしたい時― 例えば レベルがすごく変わって レベルオーバーが心配な時― そんな時は波形で分かります そういう判断がしたい時は これを使います プレビューエディター を 表示するボタンがあるので― これをクリックすると― 下に表示が増えました これが 元の波形です 下の プレビューエディター に出ているのは エフェクトを適用した後の波形です つまり この状態です (残響効果オンのオーディオの音声) エフェクトの効果をテストしています (インストラクター)エフェクトが かかった後の波形はこちらの表示になります この状態とこの状態を見比べて レベルオーバーしていないか― 波形で確認できます これで良ければ 適用 ですし 止めたい時は 閉じる を押せば― 効果がなくなります そして このプレビューエディターは 通常は要らないので― ここをクリックして閉じておきます この様にエフェクトをかけていきます 今は全体にエフェクトをかけていましたが 例えば― 時間範囲を一部だけ選んで― (元のオーディオの音) エフェ エフェ エフェ エフェ (インストラクター)この選んだ所だけに― エフェクトをかけてみると― 選択した部分だけに エフェクトをかけることができます (オンの音声) エフェ― (オフの音声) クトの効果をテストしています (オンの音声) エフェ― (オフの音声) クトの効果をテストしています (インストラクター)こんな感じです 戻す時には COMMAND もしくは Ctrl + Z で戻ります これを直接適用していく方法は ダイレクトに変わってしますので― 保存してしまうと取り消しがきかないという 不便な所があるのですが― その一方で とても分かりやすいので― 最初の内は非常に 分かりやすくて良いと思います いろんなエフェクトを この方法でかけて試してください

Audition CC 基本講座

Adobe Auditionはさまざまなオーディオ素材を高品質のままで編集・録音できるソフトです。このコースではAuditionの音声加工スキルを身に付けます。デジタルオーディオの基礎的な知識からノイズの除去や音量を整える方法、ビデオのオーディオトラックの加工のし方やエフェクトのかけ方、またファイル形式の変換までいろいろなテクニックを学ぶことができます。

4時間56分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Audition Audition CC 2015
価格: 2,990
発売日:2015年09月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。