Audition CC 基本講座

サードパーティのプラグインについて

全334コースを10日間無料で

ぜひご覧ください。

無料で視聴する すべての加入プランを見る
または
Auditionで、VSTやAudio Unitといった規格に対応したサードパーティ製プラグインを使う手順を解説します。
講師:
04:53

字幕

このレッスンではサードパーティ製の プラグインの使い方について解説します Audition には元々様々なエフェクトが 沢山入っていますが― 世の中にはこれとは比較にならない位 膨大な数の様々なオーディオのエフェクトの― プラグインが出ています そのプラグインを入れると エフェクトを増やすことができて― それが同じ規格に対応していれば Audition でも他のソフトでも― 同じエフェクトが使えるわけです 実際に今オーディオの編集は ほとんど PC で行われているんですが― 商業スタジオで使われている Audition 以外の定番のソフト― プロの現場で使われているソフトも― Audition に読み込んで使えます Audition はまだ大規模なスタジオよりは ビデオ編集の現場であったり― 個人が使うことが多いですが― そのようなプラグインを使うと いわゆるレコーディングスタジオの音に― かなり近づけることも可能です では プラグインの読み込み方です 実際に見てみましょう エフェクトメニューの一番下にオーディオ プラグインマネージャーがあります これを実行すると― こんな画面が出てきます プラグインというのはこのシステムの中の どこかのフォルダにまとめて入りますが― これはプラグインをインストールすれば 入っています 大体初期状態で どこに入るか決まっているので― それが設定されています もし設定と違うところにインストールされる タイプのプラグインの場合は― 追加をクリックするとインストール先の フォルダを指定できます プラグインは Windows の場合は VST という規格が一番標準です Mac の場合一番標準なのは AU と 書いて Audio Unit の略です AU が Mac の一番標準になっています それぞれ大体インストール先が 決まっているのでそれが表示されていますが― 任意の場所にあるプラグインを 読み込みたい場合は― この追加でフォルダを指定します どこにインストールされるかは それぞれのプラグインで違うので― そちらの説明の方を見てください それを指定したらプラグインをスキャンを クリックすると― スキャンの作業が行われて― この場所に入っている プラグインが読み込まれます これは読み込み済みの状態なんですが― こんな形で 名前ですね これが Audition 標準でないプラグインで スキャンして読み込みを行ったものです この部分に出てきて使用可となっていれば― Audition 上で使用が可能となっています 今これは Windows でとっているので VST と出ています VST のプラグインが入っています 注意点としてプラグインは 32 ビット版・ 64 ビット版とあるんですが― 64 ビットの OS で使って Audition で使っていると― 64 ビット版のプラグインしか 使えないので― 32 ビット版のプラグインが入ってるけど 出てこないという場合― 64 ビット版が入ってるか確認してください 使用可の状態になっているエフェクトは― エフェクトメニューの VST に出てきます 何もスキャンされていないと ここが何も選べない状態になっています エフェクトと見ると― このように様々な項目が出てきます 今カスタムでこの PC に入っている WAVES というメーカーですが― これはオーディオのプラグインソフトで トップクラスのメーカーですね どこのレコーディングスタジオでも― この WAVES のプラグインは 入っている状況ですが― こういうものも Audition に 入れることができます 1つ選んでみると― こんな非常に凝った画面のものが出てきました これはアナログのテープレコーダーで 取った様な質感をオーディオに加えるという― エフェクトなんですが― このような Audition 標準では 入ってないような凝った― これは市販の製品ですけど フリーウェアでも何千本も出ていますので― そのようなものを試してみると― Audition 単体でよりも 更に表現の幅が広がります こういったサードパーティ製のプラグインは― このオーディオプラグインマネージャーを 使えば簡単に加えられるので 是非 好みに合わせて Audition に加えて 作業の幅を広げてみてください

Audition CC 基本講座

Adobe Auditionはさまざまなオーディオ素材を高品質のままで編集・録音できるソフトです。このコースではAuditionの音声加工スキルを身に付けます。デジタルオーディオの基礎的な知識からノイズの除去や音量を整える方法、ビデオのオーディオトラックの加工のし方やエフェクトのかけ方、またファイル形式の変換までいろいろなテクニックを学ぶことができます。

4時間56分 (57 ビデオ)
現在、カスタマーレビューはありません…
 
ソフトウェア・トピック
Audition Audition CC 2015
価格: 2,990
発売日:2015年09月08日

このコースは、「オンデマンド」でご利用可能であり、ダウンロードすることもオンラインで見ることもできます。

ダウンロードすると、オフラインでコースを使用し、豊富なインターフェースをフルに活用できます。複数のデバイスを使用したり、 一度に全コースをダウンロードしたくない場合は、アカントにログインして、ストリーミング・ビデオとしてコースのレッスンを視聴してください。

ビデオトレーニングをお楽しみいただけますように! お問い合わせは、cs-jp@lynda.com宛までご連絡ください。